【藤本さんちの“こくはく・こくはつ”】Vol.2 子供の夢と教育(ご主人 義一さんの巻)

※画像をクリックすると拡大画像が表示されます
※画像をクリックすると拡大画像が表示されます

 毎週、家族四人が交替で書くことになった。

 一番手の有子(長女、高二)のテストに関しての文を読んで、女子としては甚だ論理的なものであると感じた。

 この論理的な方法のすすめ方は、現代の教育そのものの反映であるような気がする。

 幼い日、有子は、もっと感覚的な、自由奔放な発想をする子供であった。

 冬の日、おれが徹夜原稿を書いている。がストーブは危険なので、電気ゴタツを机にしていた。隣室が子供二人の寝室である。

 午後十一時をまわった頃、子供たちの声が聞えた。

 有子が五歳で、次女の名子が二歳であったと記憶する。

 なにをいっているのかと、おれはペンをおいて、煙草に火をつけて聞いていた。女房は階下で片付けをやっていた。

 二人の子供は、午後八時頃に就寝している。だから十一時に話声が聞えるということはない。

 「こわい、おねえちゃん、こわいよォ」

 名子が、泣きそうにいっている。

 「なにがこわいの……」

 五歳は、わりにはっきりした声でいっている。寝呆けた、という感じではない。

 「そら、誰かきた。誰かきて、たたいているよォ」

 という。

 おれは、はじめ、名子がこわい夢を見て、姉を起こしたのだろうと思っていた。が、そうではないらしい。風が戸をたたいている音が、名子はこわいらしい。そういえば、トントンと小さな拳で叩くようにも聞える。

 「ほーら、来ている、たたいているよォ」

 名子は、ちょっと声を大きくした。

 すると、有子がいったのだ。

 「名子ちゃん、あれはね、雨戸さんと風さんがお話してるのんよ」 

 と。

 「お話……」

 「うん、お話してるのんや。さ、寝なさい」

 すぐに二人とも、安らかな寝息をたてはじめた。

 おれは、この幼い二人の対話を耳にした時、ほっと救われた気持になった。風が吹きつのっている戸外と、狭い部屋の中での幼い二人の話し合いが素晴しいと思ったものだ。おれは、疲れが消えるのを覚えた。おそらく徹夜しても、こころよい徹夜になるだろうと想像した。そして、親が子供から得る夢とか安らぎとかは、こういった短い、さりげない話なのだと思った。

 そしてそのとき、一年近く前の、やはり冬の夜の二人の話を思い出していた。この時、名子はまだ言葉は出来なかった。ようやく前歯が生えた頃だ。

 これも深夜だったが、突如として有子が泣きはじめたのだ。それも普通の泣き方ではない。

 「ウワワァ、タチュ、ウワワァ!」

 といった声をあげた。タチュというのはタスケテ!という言葉かもわからない。

 おれは、やはり原稿を書いていたのだが、びっくりした。声があまりにも危機感をはらんで、異様であったからだ。

 おれは、すぐさま、隣室に飛び込んだ。この時も、女房は階下で片付けものをやっていたが、この声と、おれのたてた物音を聞きつけてやって来た。

 見ると、布団の上に名子は腹這いになって、姉のパジャマから出た足の、一番柔かそうなところに噛みついているのだ。

 有子は、夢うつつで逃がれるべく、両手で空中を掻いている。

 歯が生えかけて、むずむずする名子が、隣りに寝ていた有子の足に噛みついたのだ。

 二人を引き離した時、有子はようやく夢から醒めた。

 「どうした……」

 と、泣きじゃくっている有子に訊ねると、

 「七人の小人さん、七人の小人さんが噛みついた」

 という。

 そういえば、白雪姫の絵本を女房に読んでもらっていた。

 「あんた、自分が白雪姫のつもりになっているんでしょ」

 女房にいわれて、有子は現実にもどり、涙を小さな手で拭って照れ、エヘヘと笑って寝たものだ。

 この子供たちが、かつてもっていた夢は、一体どこに行ってしまったのだろうか。幼稚園に入った頃まではあったが、次第に消えてしまった。詰め込み主義一本の教育が、夢の根を断ち切ってしまったのではないだろうか。

 そういえば、去年、小学三年生の大阪府下三校の先生の指導案を見せてもらった時、どの指導案も判で捺したように同じものであり、甚だ理論的であり、お手本を写したような感じがしたのが不気味であった。

 子供の根元にある夢を、親も学校も育てていくべき時代ではないのか。

※1977年7月15日号掲載

あなたにおすすめの記事