台風21号の影響でバザー用品がピンチに! 豊能障害者労働センターからのSOS

 10月22日に近畿地方に最接近し、風雨による広範な被害をもたらした大型の台風21号は、箕面市の豊能障害者労働センターにも思わぬ被害をもたらした。

倉庫内の台風被害の状況を確認するスタッフたち(豊能障害者労働センター提供)

 同センターは、障害のある人もない人も「共に働く」活動を続けており、主な事業の一つがリサイクル事業で、定期的に古本市やバザーを開いている。今回の台風21号によって、このリサイクル用品に被害が出た。市民らから寄せられた品を保管している倉庫のトタン屋根が飛ばされて浸水し、在庫が濡れて売り物にならなくなってしまった品物もかなりあるという。

 

 「最近は品物自体が集まりにくくなっているので、正直、痛いです。ご自宅で眠っている品がありましたら、ぜひご協力ください」と、スタッフの田岡ひろみさん。

 募集しているバザー用品について、詳しくはコチラ http://www.tumiki.jp/bazar.html

 問い合わせはTEL072・724・0324、豊能障害者労働センターへ。

 

 

「冬の古本市」のお知らせ

【日時】11月29日(水)~12月1日(金)

   10時~20時(最終日は15時まで)

【会場】箕面市立メイプルホール ロビー

文庫本3冊100円、ハードカバー100円~、絵本・雑誌50円~、CD・DVD100円~、新書50円均一で即売します。

【主催】豊能障害者労働センター




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース タグ: ,

あなたにおすすめの記事