ゆずのおいしさをギュッと 箕面自慢のゆず酒 23日(土・祝)から販売

 ゆずをモチーフにした「たきのみちゆずる」を市のPRキャラクターにするなど、「ゆず」とのゆかりが深い箕面市。特に止々呂美(とどろみ)地区は、実生(みしょう)ゆずの栽培で知られている。ここで生産されたゆずを原材料にした「大阪 箕面 実生ゆず酒 ゆずころり」が、12月23日(土・祝)から箕面市内の酒店などで販売される(500本限定)。

 大粒で香りの高さが特徴の実生ゆずの果汁を使用。ゆずの香りが香水のように際立つ、フルーティーで芳醇なリキュールに仕上がった。実生ゆずは大阪府内で止々呂美地区の約20件の農家でしか生産されておらず、生産量も限られている。

2015年から販売し今年で3年目。「長期間寝かせるといっそうまろやかになります」(三原さん)

 そんな希少価値の高いゆずを、丹精込めて酒に仕込んだのは、鹿児島県の二大杜氏「黒瀬杜氏」の一人、黒瀬安光さん。焼酎造りに60年以上携わっており、黄綬褒章をはじめ数々の表彰歴がある。「ゆずころり」を販売するスリーフィールド株式会社(箕面市)代表取締役社長・三原昌治さんが杜氏として名高い黒瀬さんに出会い、箕面のゆずの魅力を熱く語ったところ、普段は焼酎以外の製造を断る黒瀬さんの心を動かし、ゆず酒製造の協力を得ることができたというエピソードもある。

 「ゆずころり」のおいしさについて三原さんは「オンザロックで飲むと、実生ゆずの香りをより楽しめる。実生ゆずをもっとたくさんの人に知ってもらいたい」と話している。

パッケージには、杜氏の黒瀬さんが自信をもって仕込んだお酒の証として、手書きの名前が入る

 希望小売価格4000円(税抜)。内容量310ミリリットル。限定500本。箕面小売酒販組合加盟店9店舗(梅原酒店駅前支店、樋口酒店、衣笠商店、津賀屋、(株)藤井、牧野本店、稲田産業(株)、リカーハウスほそかわ、野口酒店)で販売。

販売の問い合わせはスリーフィールド株式会社 電話072・723・7878(担当・三原)

 

【PRキャラクター「たきのみちゆずる」について紹介した過去記事はこちら】

たきのみちゆずるの魅力に迫る! ①~市役所の置物編~

http://www.asahi-family.com/column/nazo/4843

たきのみちゆずるの魅力に迫る! ②~世界に一つのマンホール編~

http://www.asahi-family.com/column/nazo/4846




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事