かなた狼監督と俳優・井浦新がつけたケジメとは? ジャンルを超えた日本映画の快作「ニワトリ★スター」3月24日(土)公開

 「早くに旅立ってしまった共通の友人」を介して約10年前に知り合った俳優の井浦新と、映像作家・音楽家などマルチな活躍を経て本作で映画監督としてデビューした かなた狼(たなか雄一狼から改名)。互いに「この人とはケジメをつけなければならない相手」とリスペクトし合った二人が、ブラックホールのような強烈な求心力を発揮して出来上がった度肝を抜く映画「ニワトリ★スター」が、まもなく公開される。記者会見で井浦は一語一語かみしめるように「他の作品とは比べられない、特別な、大切な作品」と話した。

 

共同生活中の楽人(成田凌)と草太(井浦新)©映画『ニワトリ★スター』製作委員会

 東京の片隅にあるド派手で奇妙な「ギザギザアパートメント」で共同生活を送る草太(井浦新)と楽人(成田凌)。互いの経歴もよく知らないまま気楽に暮らし始めて2年。30代半ばの草太は、お好み焼き屋を営む大阪の実家を出てからの自堕落な生活に少し嫌気がさし始めている。全身タトゥーの赤髪モヒカンの楽人は、そんな草太の気持ちに無頓着なまま天真爛漫なお気楽生活を送る中で、かつて沖縄でバンド仲間だったシングルマザー月海(紗羅マリー)と再会。草太と楽人のこれまでの暮らしが変わり始めてきた……。

 裏社会の住人も性的少数者も狂信者も普通の人も雑多に暮らす社会を、時にアニメーションも駆使して濃い密度で描きながら、バイオレンスあり、ファンタジーあり、ラブストーリーありの物語に、いつの間にか引き込まれてしまう、疾風怒濤の2時間15分。美しいシーンはあくまでも美しく心に沁みて、いつか涙もあふれてくる……。

大阪での記者会見に臨んだ(左から)成田凌、紗羅マリー、井浦新

 楽人役に志願した成田は、いま朝のドラマで人気急上昇中のイケメン俳優だ。「脚本を読んで、僕以外の誰かがこの役をやったら嫌だと思った。映画を見てもらったらわかるけど、自分のすべてをさらけ出した。この仕事をしていたら、自分をさらけ出す仕事はやってみたいはず。狼組のみんなと本気で向き合って作った映画は、僕にとっても永遠に大切な作品になった」と真っすぐなまなざしを向ける。

 今回が映画初出演となったモデル出身の紗羅は、「最初の撮影がハードなDVを受けるシーンだったが、監督が非常に気をつかってくれたので、役としても人間としても救われた。監督のこれまでの人生をすべて捧げてきた作品なので、出演するからには責任重大。期待される以上のものを出したいとがむしゃらに取り組んだお陰で、新しい自分を知ることができた」と、晴れやかな笑顔を見せた。

 

 ロケ地となった「ギザギザアパートメント」は、映画での設定は東京の片隅だが、実は大阪の黒門市場の端にある「道草アパート」だ。オーナーは、かなた狼監督。2016年夏のクランクインを前に、井浦と成田はこのアパートの近くで1週間の共同生活を送った。映画に流れる二人の関係の「自然な空気感」を大切にしたい監督のオファーだった。

 また、成田と紗羅は撮影前、監督と3人で密室に籠り、じっくり話し込むワークショップの時間を持った。その時、監督が紗羅にかけた言葉は「今から凌と手をつないで見つめ合って、これまでの人生すべてを語れ」。親にも言えなかったつらかったこと、うれしかったこと、自分の中の嫌なところもすべて話したという。

完成披露試写会であいさつした かなた狼監督(左)=2018年2月11日、大阪国際交流センターで

 制作資金のクラウドファンディングに出資した人たちを集めて大阪で行われた完成披露試写会の舞台挨拶で、かなた狼監督は「現実に映画を凌駕するようなひどい事件が起こる世の中で、映画表現が萎縮してはいけないと思う。井浦との約束を果たそうと、構想を伝えてから10年間考え続け、彼は一言も催促せずに待ってくれた。僕は46歳で初監督、東京生まれの井浦は関西弁に挑戦。互いに決着をつけたい相手と、この映画で一度は決着をつけたけど、これで終わりではない」と話し、サングラスの奥の目を潤ませた。

(大田季子)

 

 

「ニワトリ★スター」公式サイトはコチラ http://niwatoristar.com/

 

 「ニワトリ★スター」は3月24日(土)からシネ・リーブル梅田、シネマート心斎橋ほか、全国順次ロードショー公開。

プラネタリウムの中の壁には井浦新と成田凌の直筆サインとメッセージ「この映画は観て★(ほし)い」が

 

 

 

 

 

 公開日まで、心斎橋Big Stepにキューブ型の「ニワトリ小屋の★降る試写室」を開設中=写真上。草太と楽人それぞれと一緒に写真が撮れる撮影スポットとなっているほか、土日祝日の12時~18時には、試写室内で予告編&プラネタリウムの無料上映も行われている。

 

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事