ベストセラー漫画の名シーンを原画で振り返る!「連載40周年記念 ガラスの仮面展」そごう神戸店で5月6日(日)まで開催中

 

本展ための描き下ろしカラーイラスト  © Miuchi Suzue

 そごう神戸店は、ゴールデンウィーク企画として4月27日(金)~5月6日(日)の10日間、「連載40周年記念 ガラスの仮面展」を開いている。「ガラスの仮面」は漫画家・美内すずえさんが長年にわたって描き続け、いまだに完結していないことから多くの人がストーリーの続きを待ちわびる演劇マンガの金字塔。2016年には連載40周年を迎え、単行本49巻までの累計発行部数は5000万部を超える大ベストセラー作品だ。

 本展では、1976年に連載を開始した当初の貴重な漫画原画を含む多彩なカラーイラスト、モノクロ原稿で各シーンを振り返るとともに、舞台化された際の資料など、300点以上を通して作品の魅力に迫る。

 平凡な少女だった北島マヤが、女優として成長する道のりをたどるような構成で原画やカラーイラストを展示。美内さんの画業50周年を記念して、デビュー作を含む過去作品を振り返るコーナーや、子どものころに漫画を描いたノートなど、貴重な資料も展示される。会場入り口には登場人物になりきって写真がとれるフォトスポットもあり、「ガラスの仮面」の世界観にどっぷりと浸れること間違いなし。

 

漫画家・美内すずえさん

 初日の会場に登場した美内さんが「何度も来たくなるような楽しい展覧会にしたかった」と言うように、会場には面白い仕掛けが盛りだくさん。思わず同じコーナーを何度も見てしまう程、丁寧につくり込まれている。

 作品のラストを待ちわびる読者に向けて美内さんは「漫画家は孤独な作業だが、常に紙の向こう側にいる読者の反応を想像して描いている。読者が喜んでくれることが何よりも嬉しい。既に決めているラストに向けて、これからも胸キュン要素を盛り込みながら描いていきたい」と語った。

 

 

 

 

物販コーナーも充実。「泥まんじゅうクランチチョコ」はファンなら購入必至!(税込み648円)
マヤが「夜叉姫物語」で、トキになりきって泥まんじゅうを食べるシーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ガラスの仮面」とは……

 中華料理屋に住み込みで働く母と暮らす、平凡な中学生・北島マヤがかつての大女優・月影千草に演技の才能を見いだされ、数々の試練に立ち向かいながら、女優として成長していく姿を描いた傑作。幻の名作「紅天女(くれないてんにょ)」の主役をめぐり、マヤと争いを繰り広げる宿命のライバル・姫川亜弓や、マヤを陰から支える「紫のバラのひと」速水真澄など、主人公を取り巻く登場人物たちの人気も高い。

 

「連載40周年記念 ガラスの仮面展」

期間:4月27日(金)~5月6日(日)

会場:そごう神戸店 本館9階 催会場

時間:10~20時(最終日は18時まで)※入場は各日閉場の30分前まで

入場料:一般900円、高大生700円、小中生無料

問い合わせは℡078-221-4181(そごう神戸店 代表)

 

 

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事