「ピカソ、天才の秘密」展 来場5万人を達成 あべのハルカス美術館

あべのハルカス美術館で開かれた来場5万人達成のセレモニー=広報事務局提供
あべのハルカス美術館で開かれた来場5万人達成のセレモニー=広報事務局提供

 大阪市阿倍野区の「あべのハルカス美術館」で開かれている「ピカソ、天才の秘密」展の来場者が5万人を達成し、記念セレモニーが開かれた。

 同展は4月9日に開幕。91歳で他界するまでエネルギッシュな作品を絶えず生み出してきた巨匠、パブロ・ピカソの少年時代からキュビスムとその後に至る前半生を、特徴的な「青の時代」「バラ色の時代」の作品に焦点を当てて紹介している。キュビスム以前を中心に国内外各地から作品を集めて構成する本格的な展覧会は日本初という。

 5万人目となった奈良市の満田美幸さんには、浅野秀剛館長から図録とポストカードが贈られた。満田さんは「ピカソはその時々で作風が変わるので、楽しみに来館しました。とてもラッキーでした」と話していた。

 開催は7月3日(日)まで。一般1,500円、高大生1,100円、小中生500円。

http://www.aham.jp/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事