映画「太陽の塔(仮)」 監督に98人が応募 2018年公開めざす

 長編ドキュメンタリー映画「太陽の塔(仮)」製作委員会(株式会社パルコ・公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団・株式会社スプーン)が、岡本太郎氏の「太陽の塔」をテーマにした映画の製作を決定。その監督を6月30日まで募集したところ、98通の応募があった。

taiyonoto03

 今後は7月20日(水)をめどに1次通過者数人を決定。その後面談などを経て、9月中旬に監督を決める。選考結果は公式WEBサイト上(http://taiyo-no-to-movie.jp/)でも発表される。監督決定後、映画制作を開始し、2018年には劇場公開の予定。

 北摂エリアの住民にも親しみ深い太陽の塔。みずみずしい感性とアイデアで映画化する「新しい才能」は誰か。その選考結果に注目したい。

 参照 「わが街の誇り あなたならどう切り取る? 映画「太陽の塔(仮)」監督を募集(http://www.asahi-family.com/news/1893)

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事