シルク・ドゥ・ソレイユ「トーテム」大阪公演 ついに開幕! 幻想的で圧巻のパフォーマンス!

 世界最高峰のサーカス・エンターテイメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」による日本公演最新作「ダイハツ トーテム」大阪公演が、ついに本日開幕する。注目の公演を、開幕に先立ち7月13日の公開リハーサルで見てきた。

 “人類の進化”をテーマにした「トーテム」。宇宙から舞い降りたきらびやかで幻想的な「クリスタル・マン」が地球に命を与えるところから始まり、過去と現在、そして未来で繰り広げられる「自然の驚異」「科学と情熱」「文明の進歩」「愛の起源」のテーマをもとに、生きる喜びを全身全霊のパフォーマンスで表現している。

 公開リハーサルでは、カメの甲羅を鉄棒にしてカエルたちが次々に飛び移る「カラペース」、高さ2㍍の一輪車に乗った5人が金属のボウルを互いに投げて頭でキャッチする「ユニサイクル・ウィズ・ボウル」、ローラースケートを履いた男女が小さな台座の上で高速回転する「ローラー・スケート」など、圧巻のパフォーマンスを披露した。

Photo: Matt Beard Costumes: Kym Barrett © 2014 Cirque du Soleil
カラペース
Photo: Matt Beard Costumes: Kym Barrett © 2014 Cirque du Soleil
ユニサイクル・ウィズ・ボウル
Photo: OSA Images Costumes: Kym Barrett © 2010 Cirque du Soleil
ローラー・スケート
Photo: OSA Images Costumes: Kym Barrett © 2010 Cirque du Soleil

 

 アクロバットが成功すると大歓声があがったり、出演者たちのきれいな筋肉にうっとりしたり……。個性的なキャラクターが登場すると会場からは笑い声も。

 驚きのアクロバットだけでなく、可動式ステージや最新の舞台装置、色鮮やかな衣装もシルク・ドゥ・ソレイユの魅力の一つ。今作では、ステージ後方にプロジェクションマッピングを使い、舞台が水辺や草原、火山などに変化した。よく見ると、出演者が歩いた場所にはきちんと足跡が残るという細かい演出も。さらにミュージシャンの生演奏・生歌が華を添え、出演者と一体感あるステージを作り上げていた。

 大阪公演は10月12日(水)まで。ステージ近くの席でアクロバットを間近で見るのもよし、後方の席で舞台演出を含めショー全体を見るのもよし。今年の夏は、大阪・中之島で幻想的なシルクの世界にどっぷりと浸ってみよう。


10月12日(水)まで 中之島ビッグトップ(特設会場)
大人S席12,500円、A席10,000円、B席・車イス席6,500円
子供S席8,500円、A席6,500円、B席・車イス席4,500円
※土・日・祝日はそれぞれ1,000円増し
問い合わせは℡0570-200-889、ダイハツ トーテム大阪公演事務局(10~18時)。
http://www.ktv.jp/totem/

関連記事