山口で「幕末維新」観光キャンペーン 10月開幕 大阪駅でイベント

 山口県とJR西日本は「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン プレキャンペーン」が10月1日(土)開幕するのを前に、おもしろき国やまぐち 観光・物産フェアを10・11日、JR大阪駅で開いた。

 グランドオープニングには村岡嗣政山口県知事と、同県出身のタレント松村邦洋さんが登場。海外からも注目の元乃隅稲成神社をはじめ、萩、秋吉台などの名所や温泉、グルメをパネルで紹介しながら、山口の魅力を語り合った。松村さんは得意のものまねを交え、「瀬戸内の美しい風景は今でも忘れられない。山口は東西に広いので、たっぷり観光を楽しんで。おいでませ山口へ」としっかりPRしていた。

山口の魅力を語り合う村岡嗣政山口県知事(右)と松村邦洋さん
山口の魅力を語り合う村岡嗣政山口県知事(右)と松村邦洋さん

 山口県は明治維新から150年となる2018年に向けて幕末や維新をテーマに観光面を強化しており、来年9~12月には県とJRグループが共同で大型観光キャンペーンを開催する。今回のそのプレキャンペーンにあたり、JR西日本では往復新幹線と山口自由周遊区間の特急・普通列車(各普通車自由席)、路線バスが3日間乗り放題になる「やまぐち幕末ISHINきっぷ」を発売しているほか、現地でも特別企画を用意している。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース タグ:

あなたにおすすめの記事