西宮大谷記念美術館で「マリメッコ展」 フィンランド 人気デザインの60年史たどる

 フィンランド・デザインを代表し、世代を問わず多くの人から絶大な人気を誇るデザインハウス「マリメッコ」の世界を紹介する「マリメッコ展 -デザイン、ファブリック、ライフスタイル」が、10月8日(土)~11月27日(日)、西宮市大谷記念美術館で開催される。

 

ファブリック《ウニッコ》(ケシの花)、図案デザイン:マイヤ・イソラ、1964年Unikko pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964
ファブリック《ウニッコ》(ケシの花)、図案デザイン:マイヤ・イソラ、1964年
Unikko pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964

 マリメッコは1951年、アルミ・ラティアによってヘルシンキで創業。テキスタイルデザインを学んだのち、広告代理店で経験を積んだラティアのもとに才能あるデザイナーが集い、優れたデザインと巧みなPR戦略によって、1960年代には世界的なブランドへと成長していった。

 マリメッコが生み出す布地の柄は、多くがフィンランドの伝統的モチーフや自然に着想を得つつ、大胆でカラフル、抽象的なデザインが特色。柄の映えるシンプルなカッティングの服は、高い人気を呼び、その後製品は家庭用品やインテリアにまで展開され、今日では日本を含む世界中で絶大な人気を誇っている。

ドレス《カトリッリ》 ファブリック《ブケッティ》(ブーケ)、服飾・図案デザイン:アンニカ・リマラ、1964年Design Museum Archive/Photo:Seppo Saves
ドレス《カトリッリ》 ファブリック《ブケッティ》(ブーケ)、服飾・図案デザイン:アンニカ・リマラ、1964年
Design Museum Archive/Photo:Seppo Saves

 今回はヘルシンキのデザイン・ミュージアムの所蔵作品から、ファブリック約50点、貴重なビンテージドレス約60点、デザイナー自筆のスケッチ、各時代の資料などを通して、マリメッコの60年にわたる歴史をたどり、個性あふれるデザイナーの仕事ぶりと活躍を紹介する。

 一般800円、高大生600円、小中生400円。

 ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料、西宮市内在住65歳以上は一般料金の半額など割引きもあり。

 10~17時、入館は16時30分まで。水曜休館(11月23日は開館し、24日<木>休館)。

 阪神香櫨園から徒歩6分、JRさくら夙川から徒歩15分、阪急夙川から徒歩18分。

 詳しくは西宮大谷記念美術館のホームページへ。

 http://otanimuseum.jp/home/index.html

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース タグ: , ,

あなたにおすすめの記事