北方領土を見て、聞いて、伝えよう 11月23日(水・祝) 神戸で啓発イベント

 北方領土問題に若い世代にも関心を持ってもらおうと、独立行政法人北方領土問題対策協会は「四島パーク 見て、聞いて、みんなで伝えよう北方領土」と題する啓発イベントを、11月23日(水・祝)10~17時、神戸ハーバーランドのスペースシアター(JR神戸)で開く。

これまでに開かれた「四島パーク」の模様=事務局提供

 12時30分~13時と14時30分~15時の2回実施するステージイベントには、テレビドラマや映画などで活躍する女優・タレントの足立梨花さんがスペシャルサポーターとして登場。他の出演者とともに、トークやクイズ大会を通して、楽しみながら北方四島や北方領土問題の知識を提供する。

 また、イベントには北方領土のイメージキャラクター、エトピリカの「エリカちゃん」も参加。クイズラリーでは、参加者全員に啓発ノベルティーがプレゼントされるほか、抽選で3人に、北海道道東地方の特産品が当たる。

 ステージは「四島(しま)のかけ橋」などを3Dアートでデザイン。トークショー以外の時間帯は自由に写真撮影できるのをはじめ、「エリカちゃん」との記念撮影会や、塗り絵が楽しめるコーナーも開設される。

 北方領土は択捉(えとろふ)島、国後(くなしり)島、色丹(しこたん)島、歯舞(はぼまい)群島からなり、「日本固有の領土」としてロシアからの返還運動が進められている。

公式ホームページ http://www.yontoupark.com/

四島パークのポスター



※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース タグ: ,

関連記事