都心の超高層ビルから「メリークリスマス」 中之島フェスティバルタワー・ウエストに巨大イルミ

 大阪市北区で建設が進む超高層ビル「中之島フェスティバルタワー・ウエスト」で、巨大な壁面とガラス窓を使ったクリスマスイルミネーションが始まり、都心を行き交う人の目を楽しませている。

 地上41階、地下4階建てのビルのうち、9~31階のガラス窓約760枚に色付きのフィルムを張り付けたり、ブラインドを開け閉めして、北側の壁面にはクリスマスツリー、南側には雪だるまを浮かび上がらせている。そのサイズは高さ約100メートル、幅約60メートルと大きく、気づいた通行人らは、盛んにスマホのカメラなどに収めていた。

 点灯は25日(日)までで、時間は17~21時。「中之島フェスティバルタワー・ウエスト」は高級ホテルのコンラッド大阪、中之島香雪美術館やオフィスなどが入り、来年春に完成する。

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

関連記事