春の特別公演「花舞台浪花賑」に片岡愛之助ら出演
フェスティバルホールで4月28日(金)

   伝統的な舞を楽しめる春の特別公演「花舞台浪花賑(はなぶたいなにわのにぎわい)」が4月28日(金)14時から、大阪・中之島のフェスティバルホールで上演される。1958(昭和33)年のフェスティバルホールのオープン以降続く、音楽の祭典「第55回大阪国際フェスティバル2017」の一環。

 上方舞、宝塚歌劇団卒業生の舞踊、歌舞伎舞踊など、上方に縁のある流儀を一度に鑑賞できる同公演。楳茂都(うめもと)流四世家元を継承した歌舞伎俳優の六代目片岡愛之助が、人気と実力を兼ね備えた女形・中村壱太郎、将来を期待される片岡千之助と共に、楳茂都流の「三人連獅子」を舞う。楳茂都流の三人連獅子は、通常の連獅子とは違い、父と母、子の親子3人で舞う独特の構成で必見だ。

 公演は、京都花街の宮川町にのみ伝わる上方舞「手打唄・梅の小袖」。通称「大阪絞め」と呼ばれる手打ちを入れた舞で、宮川町の芸妓・舞妓が華々しく幕開けを飾る。上方舞「三ツ面椀久(みつめんわんきゅう)」は、伝承曲の中で最も古い演目の一つで、山村流六世宗家・山村友五郎が舞い、人間国宝で女流義太夫の竹本駒之助が浄瑠璃を語る。大坂新町の傾城(遊女)・松山に恋し、物狂いになった椀久が、田舎大尽・傾城・太鼓持ちの3つの面でお大尽遊びを見せる味わい深い作品。そのほか、元・星組トップスターの瀬戸内美八、南風舞ほか、宝塚歌劇団の卒業生たち13人が舞踊「元禄花見踊(げんろくはなみおどり)」をベースに制作した「宝塚、春爛漫」を披露する。童謡「さくらさくら」のメロディーをアレンジするなど、春らしい大作に仕上がった。

(左から) 桂米團治、片岡愛之助、山村友五郎、瀬戸内美八

 フェスティバルタワー(大阪・中之島)で3月29日に開かれた記者会見では、各演目の出演者が公演に向けての抱負を語った。

 山村は、「三ツ目椀久は、はんなりした振りや曲に身を委ねてもらい、何か感じるものがあると思います。駒之助師匠の語りや、扇子、お面などを見ていただけると本望です」、片岡は、「三人連獅子は、フェスティバルホールの両花道を使う、“フェス版”で挑みます。楳茂都の家元として、楳茂都流の出し物をもっともっと広めていきたい。縁のある人たちとの公演なのでワクワクしています」。同公演で案内役を務めるのは、落語家の桂米團治。ミュージカルやクラシック音楽にも造詣が深い米團治は、「ジャンルを超えて一つのものを作り上げることにドキドキする。僕は観客でありながら、舞台の人をかろやかに動かす役割だと思っています。ぜひご参集ください」とPRした。

公演の詳細、オンラインでの申込みはフェスティバルホールへ。

http://www.festivalhall.jp/program_information.html?id=1161

【入場料】S9,500円、A7,500円、BOX15,000円、バルコニーBOX(2席セット)19,000円(全席指定、消費税込)、学生席1,000円

※未就学児の入場は不可

※学生席はフェスティバルホールチケットセンターのみの販売(限定100席/25歳以下/学生本人の名前で予約/当日指定券と引き換え/学生証を提示する)

チケット取り扱い:フェスティバルホールチケットセンター ℡06-6231-2221(10時~18時)ほか。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース タグ: ,

あなたにおすすめの記事