サクラ 間もなく見ごろ迎える
豊中・服部緑地に1200本

 大阪府営公園・服部緑地(豊中市)では、サクラが間もなく見ごろを迎える。

サクラが見ごろを迎えている
東中央広場にあるマップ

 北大阪急行の緑地公園駅から歩いてすぐの服部緑地は、市民の憩いの場。服部緑地管理事務所によると、甲子園球場約33個分の敷地内には約1200本のサクラがあり、そのほとんどがソメイヨシノだそう。その他の品種として、服部緑地内の西側に位置する「こどもの楽園」近くでヤマザクラ、南側に位置する都市緑化植物園でシダレザクラが少し見られるという。

 サクラは4月5日現在、咲き始めから五分咲き。家族連れなどがピクニックをしたり、散歩をしたりと、春のひとときを楽しんでいた。

花見スポットは敷地内にたくさん
家族連れなどが花見に訪れている

 服部緑地の人気の花見エリアは、北側の「日本民家集落博物館」付近。天気は今週末、大阪府内、兵庫県内などであいにくの雨の予報が。サクラが散り急がないよう祈るばかりだ。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

関連記事