阪急三番街 27日(金)リニューアル ゆったりオシャレに 内覧会でチェックしてみた

 阪急梅田駅併設のショッピング施設「阪急三番街」の北館と南館の一部のリニューアル工事が完成し、4月27日(木)のオープンに先立ち、26日に内覧会が開かれた。

 今回のリニューアルは世界中で親しまれるレゴの新コンセプトショップ「レゴ®ストア」や、ウルトラマンのオフィシャルショップ「ウルトラマンワールドM78」、ニトリの新フォーマット「ニトリデコホーム」など16店舗の梅田初出店などが注目点。大人の女性のための共感型セレクトコスメショップ「Creme et Rouge」の全国初出店や、カフェ・生活雑貨の「Detour a Bleuet」の西日本初出店なども話題となっている。

カラフルなおしゃれ雑貨が並ぶ北館1階のフロア
新たにオープンした「レゴ®」の新ショップ

 中心的にリニューアルが進められた北館1階は、ぐっと明るくなった印象。30代前後の女性を意識したというフロアは全体的に木目や優しい色使いでまとめられ、落ち着きも感じられる。「Francfranc」は関西旗艦店とあって、品揃えが豊富で、時間があっという間に過ぎそう。入り口にある「VECUA Honey marche」では、自然な甘さの北海道アカシア蜂蜜に果実や野菜をたっぷり加えたジュースが楽しめるほか、茶屋町方面へ続く通路沿いの「久世福商店」は日本全国から集めたこだわりの食材が所狭しと並び、店頭で作ってくれる和テイストのジェラートも人気を呼びそうだ。

ニトリが梅田駅の便利な場所に出店した
久世福商店では和のジェラートを提供

  南館1階の紀伊國屋書店東側にあった通路は「うめ茶小路」として装いを一新。木を基調にした空間に、菱形や格子形などが規則正しく並び、京都の路地をイメージさせるような日本風の造りに姿を大きく変えていた。三番街からさらに北にあった「阪急古書のまち」が移転し、各店が自慢の書物や古美術を店頭のショーウインドーに飾り、1点ずつ見て歩くと、ちょっとした美術館のような心地にさえなる。梅田の新スポットとして注目されそうだ。

「うめ茶小路」には古書店が装いを一新して連なる

 また、北館1階には「HANKYU BRICK MUSEUM」がお目見え。日本で唯一のレゴ®認定プロビルダーである三井淳平氏が制作した阪急梅田駅、阪神甲子園球場など、レゴ®ブロックの作品が展示されている。

 阪急三番街では27日(木)から、「Re:NEWAL festa!」を開催し、お得なキャンペーンや楽しいイベントを展開する。

 

あなたにおすすめの記事