憲法カフェ『檻の中のライオン』inとよなか 5月19日(金)・20日(土)蛍池公民館で

 「難しい話はわかんない」なんて言わないで、もっと気軽に憲法のこと、話そうよ――。そんな趣旨で、明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか)が全国各地で開いている「憲法カフェ」が、5月19日(金)18時30分と20日(土)14時の2回、豊中・蛍池公民館(蛍池駅前ルシオーレ4階)で開かれる。題して「憲法カフェ『檻(おり)の中のライオン』inとよなか」(主催=憲法カフェ「檻の中のライオン」を楽しむ会・とよなか)。

「僕が担当する『檻の中のライオン』の憲法カフェは、今回の豊中で今回の豊中で60回目を迎えます。ぜひ来てくださいね」と楾大樹さん

 

 話し手は広島の弁護士で、あすわかメンバーの楾大樹(はんどう・たいき)さん。ちょうど1年前に楾さんが出版した「憲法がわかる46のおはなし 檻の中のライオン」(かもがわ出版)=写真左=の内容を、自演する人形劇を交えてわかりやすく話すという。

 「ライオンは権力、檻は憲法。暴走しがちな権力から、人々を守っているのが、檻=憲法なんです。楾さんの本もわかりやすくて面白いですよ」と楽しむ会メンバーの一人、上口達夫(かみぐち・たつお)さん。

 

 

 

 

新しいチラシ作りを相談する楽しむ会のメンバーたち。右が上口達夫さん

 子連れの人にも参加してほしいと、20日は折り紙でライオンを作るコーナーも開設する。参加費800円(茶菓付き・マイカップ持参歓迎)、高校生以下は無料。

 

 参加申し込み・問い合わせは、℡090・5651・4722またはメールkamichan2014@outolook.jpで上口さんへ。当日直接の参加も可能。

 

 

 

 あすわかは、2012年4月公表された自民党の日本国憲法改正草案の内容とその怖さを、広く知らせることを目的に、弁護士登録から15年以内(51期以降に登録)の若手弁護士たちで結成された有志の会。http://www.asuno-jiyuu.com/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース タグ: ,

あなたにおすすめの記事