いくつ知ってる?「百舌鳥・古市古墳群」 藤井寺市が作った「MOZU-FURU CARD(もず・ふるカード)」全60枚の入手方法とは?

 墳丘の長さ486メートル、世界最大の前方後円墳である仁徳天皇陵古墳をはじめ、100基近くの古墳が今も残る「百舌鳥・古市古墳群」の世界文化遺産への登録をめざして活動する百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録推進連絡会議(大阪府・堺市・羽曳野市・藤井寺市の4自治体で構成)。

 それぞれの自治体が発案して様々なPR活動を続けているが、この4月から藤井寺市が始めた「MOZU-FURU CARD(もず・ふるカード)」(=写真は一例、非売品、全59カ所60種類)が、集めることの好きなコレクターや歴史愛好家たちの関心を呼んでいる。

カード表面には古墳や施設の名称とカラー写真、裏面には所在地や墳丘長、時代などのデータのほか、一口メモも記載されている

 

 カードの入手方法は、下記59の古墳や施設を実際に訪れて、デジタルカメラや携帯電話で、古墳の解説板など、場所が特定できる写真を撮り、配布場所に指定された施設で撮影した写真の画面を見せるだけ。それで、撮影した場所のカードがもらえる。

 堺市の百舌鳥エリア、藤井寺市と羽曳野市にまたがる古市エリアとも、およそ4キロ四方圏内に多様な古墳が密集しているのが大きな特徴だ。これらの古墳が築造されたのは古墳時代中期(4世紀後半~5世紀後半)。日本全国には総数20万基もの古墳があるといわれているが、この両エリアの古墳群は墳形の多様さと規模の面から随一といわれる。

 気候のいい時期にウォーキングしたり、レンタサイクルを利用したり、自分でルートを考えて回るのも楽しそうだ。

 

【古市古墳群エリア・34カ所】数字は墳丘長

応神天皇陵古墳(前方後円墳、425m、日本第2位の規模、体積は日本最大、国史跡)

仲姫命(なかつひめのみこと)陵古墳(前方後円墳、290m)

仲哀(ちゅうあい)天皇陵古墳(前方後円墳、242m)

允恭(いんぎょう)天皇陵古墳(前方後円墳、230m)

墓山古墳(前方後円墳、225m、国史跡)

津堂城山古墳(前方後円墳、210m、国史跡)

白鳥(はくちょう)陵古墳(前方後円墳、200m)

古室山古墳(前方後円墳、150m、国史跡)

仁賢(にんけん)天皇陵古墳(前方後円墳、122m)

安閑天皇陵古墳(前方後円墳、122m)

清寧(せいねい)天皇陵古墳(前方後円墳、115m)

大鳥塚古墳(前方後円墳、110m、国史跡)

はざみ山古墳(前方後円墳、103m、国史跡)

峯ヶ塚古墳(前方後円墳、96m、国史跡)

鉢塚古墳(前方後円墳、60m、国史跡)

小白髪山古墳(前方後円墳、46m)

唐櫃山(からとやま)古墳(帆立貝形前方後円墳、57m)

雄略天皇陵古墳(島泉丸山古墳=円墳、75m)

青山古墳(円墳、62m、国史跡)

誉田(こんだ)丸山古墳(円墳、50m)

宮の南塚古墳(円墳、40m)

蕃所山(ばんしょやま)古墳(円墳、22m、国史跡)

向墓山(むこうはかやま)古墳(方墳、68m)

浄元寺山(じょうがんじやま)古墳(方墳、67m)

鍋塚古墳(方墳、63m、国史跡)

東山古墳(方墳、51m)

西馬塚古墳(方墳、45m)

栗塚古墳(方墳、43m)

野中古墳(方墳、37m、国史跡)

助太山(すけたやま)古墳(方墳、36m)

赤面山(せきめんやま)古墳(方墳、22m、国史跡)

誉田(こんだ)白鳥埴輪製作遺跡(古墳に並べられる埴輪を焼いた窯の跡)

藤井寺市立生涯学習センター(船形埴輪と修羅をモチーフに、歴史を継承し未来へと出帆する船をイメージした外観)

藤井寺市立図書館(大修羅のレプリカと小修羅が展示されている)

 

【百舌鳥古墳群エリア・25カ所】数字は墳丘長

仁徳天皇陵古墳(前方後円墳、486m、日本最大規模)*写真の図柄違いで2枚のカードあり

履中天皇陵古墳(前方後円墳、365m、日本第3位の規模)

ニサンザイ古墳(前方後円墳、300m)

御廟山(ごびょうやま)古墳(前方後円墳、203m)

乳岡(ちのおか)古墳(前方後円墳、155m、国史跡)

反正(はんぜい)天皇陵古墳(前方後円墳、148m)

いたすけ古墳(前方後円墳、146m、国史跡)

長塚古墳(前方後円墳、106m     国史跡)

永山古墳(前方後円墳、100m、市史跡)

孫太夫山(まごだゆうやま)古墳(帆立貝形前方後円墳、56m、市史跡)

丸保山古墳(帆立貝形前方後円墳、87m    国史跡)

御廟表塚(ごびょうおもてづか)古墳(前方後円墳、85m、国史跡)

(じょう)の山古墳(帆立貝形前方後円墳、69m)

竜佐山(たつさやま)古墳(帆立貝形前方後円墳、61m、市史跡)

旗塚古墳(帆立貝形前方後円墳、58m、国史跡)

収塚(おさめづか)古墳(帆立貝形前方後円墳、58m、国史跡)

グワショウ坊古墳(円墳、61m、国史跡)

源右衛門山古墳(円墳、56m、市史跡)

七観音古墳(円墳、33m、国史跡)

塚廻(つかまわり)古墳(円墳、32m、国史跡)

狐山(きつねやま)古墳(円墳、30m)

寺山南山(てらやまみなみやま)古墳(方墳、45m×36m、国史跡)

善右ヱ門山(ぜんえもんやま)古墳(方墳、28m、国史跡)

銅亀山(どうがめやま)古墳(方墳、32m)

堺市博物館(約200インチの大型スクリーンで百舌鳥古墳群シアターを無料上映。最新作「百舌鳥・古市古墳群-未来へ伝える人類の遺産-」を含む全3作品)

「形がわかりやすい古墳を選んで、各カード2000枚作りました。たくさんの人に古墳巡りを楽しんでほしいと思います」と話す藤井寺市世界遺産登録推進室の山田幸弘室長

【配付場所】藤井寺市内は次の5カ所

 

 

  • 藤井寺市立図書館=9:45~17:15(月曜休館ただし、祝・休日の場合は開館、翌日休館及び年末年始等休み)

 

 

 

 

【配付場所】羽曳野市内は次の3カ所

 

 

  • 古市駅東広場観光案内所=平日9:30~17:00、土日祝9:00~17:00(木曜休み)

 

【配付場所】堺市内は次の3カ所

 

  • 堺市博物館=9:00~17:15(月曜休館ただし、祝・休日の場合は開館及び年末年始休み)

 

 

 「百舌鳥・古市古墳群」の詳しい情報はコチラ http://www.mozu-furuichi.jp/jp/column/index.html




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事