京阪電鉄がプレミアムカーを公開 8月20日(日)デビュー 「ゆったり上質な移動を」

 京阪電鉄が8月20日(日)から運行を始める座席指定の特急車両「プレミアムカー」。導入に先立ち5月19日、その車両が寝屋川車庫で報道陣向けに披露された。

 

 主に特急として運転する8000系車両全10編成(8両×10編成)において、6号車に組み込まれる。外観には京阪特急の伝統色である赤を基調に金色があしらわれ、同じく京阪特急のシンボル「鳩マーク」に三ツ星を組み合わせたマークも。従来の特急車両の外観と比べても目をひくプレミアム感が特徴だ。

 車内は、入り口と客室がスモークガラスで仕切られ、より落ち着きのあるプライベート空間となるよう演出。大型のヘッドレストを備えた全席にはリクライニング機能をはじめ、電源コンセント、カップホルダーが装備されている。フリーWi-Fiや空気浄化装置も備わり、見えないところの快適性にもこだわる。スーツケースなどの大きな荷物が置けるスペースも設置している。

 従来の8000系特急は1車両あたり58席だが、プレミアムカーは2席+1席の3列でゆったり配置された40席。前後のシート間隔も1020ミリ(従来特急は920ミリ)で、幅の広いひじ掛けも。空間だけでなく座席も“プレミアム仕様”となっている。車内には専属のアテンダントが乗務し、出迎えや見送り、観光案内などきめ細かなサービスを提供してくれる。

 車両担当者は「高齢化、人口減社会の一方で、『有料でも確実に座りたい』『上質な空間で快適に移動したい』という声は高まっている。そうしたニーズに応える“技術の京阪”の粋をつくした車両になった」とアピール。長距離の通勤者はもちろん、運行開始以降さらに本格化する京都観光など、様々な利用が見込まれる。

 プレミアムカーの利用料金は、乗車区間によって400円または500円(別途乗車券が必要)。インターネットまたは特急停車駅で購入。8000系の「ダブルデッカー(2階建て車両)」は引き続き乗車券のみで利用できる。京都~大阪間の移動の選択肢が増え、京阪電鉄の魅力がさらに高まりそうだ。予約方法や利用料金などの詳細はHPで確認できる。

https://www.keihan.co.jp/traffic/premiumcar/

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事