7月10日(月) NTTドコモがパビリオンをリニューアル キッザニア甲子園でロボットプログラマーになろう!

 こどもが主役の街「キッザニア甲子園」(西宮市)のオフィシャルスポンサーであるNTTドコモが、同施設に出展するパビリオンを、携帯電話をレンタルできる「携帯電話ショップ」パビリオンから、「ロボットプログラマー」の体験ができる「ロボット研究開発センター」パビリオンへとリニューアルする。リニューアルオープン日は7 月10 日(月)の予定。

キッザニア甲子園「ロボット研究開発センター」パビリオン完成予想図

 ドコモの「携帯電話ショップ」パビリオンは2009 年キッザニア甲子園の開業当初から、キッザニア内専用の携帯電話をレンタルできるアクティビティーを提供してきた。しかし時代とともに携帯電話やスマートフォンは子どもたちにとって身近な存在になったこともあり、より高度な職業体験を提供するため「ロボット研究開発センター」パビリオンをスタートすることとなった。文部科学省が小学校の2020 年度改訂学習指導要領案にプログラミングを盛り込むなど、プログラミング教育への注目が高まる中、「ロボット研究開発センター」ではロボットプログラミングを職業体験しながら、ドコモの先進的なAI 技術に触れることができるという。

 

 パビリオンでは、子どもたちがタブレットの専用アプリを使って、ロボットの発する言葉や動きをプログラミングできる。IT 技術が将来便利な世の中を作り、様々なコミュニケーションの場で活用されていくことを考えることで、子どもたちのものづくりや研究開発への興味関心を促すことを目指す。

 HPはhttp://www.kidzania.jp/koshien/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース タグ: ,

あなたにおすすめの記事