つぶやきでもOK! 笑いのセンスを腕試し~追手門学院大学が「思わず笑顔になる文章コンテスト」応募作品を募集中

 笑いを学問として追究する全国初の「笑学研究所」のある追手門学院大学が、「思わず笑顔になる文章コンテスト」の応募作品を、小学生以上の人から募集している。

 募集する作品のテーマは「読めばみんながしあわせになる」。①作文・エッセイ(400字以上600字以内)は郵送またはFAXで。②つぶやき(140字以内)はスマートホンからの専用応募フォームまたは郵送・FAXで応募を受け付ける。

 

 このコンテストは、学校法人追手門学院創立130周年記念事業の一つ。同大学が主催し、同大学笑学研究所の名誉所長ビリケンがいる大阪の観光名所、通天閣観光㈱との共催。㈱日立製作所、江崎グリコ㈱、富士通㈱が後援している。

 

 応募作品は追手門学院関係者で審査し、結果は12月中旬に発表。①作文・エッセイ②つぶやきのそれぞれから各1人ずつ最優秀作品賞、通天閣賞、審査員特別作品賞を、佳作は①②から各10人を選ぶ。応募者の年齢別に設ける優秀作品賞は、小学校低学年、小学校高学年、中学校、高校、大学・大学院、一般の6部門から各1人を選ぶ。人数はいずれも該当作品がある場合の上限数。

 2018年1月20日(土)に通天閣STUDIO210で表彰式が行われ、受賞者に賞状や副賞が贈られる。

 

 応募作品の受け付けは9月15日(金)まで。応募用紙のダウンロードや詳しい応募方法は、下記の追手門学院大学ホームページから http://www.otemon.jp/eri/

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事