この夏、1985年公開の名画「ミツバチのささやき」「エル・スール」に会える!

 「あの映画、もう一度、映画館で見たいな」。

 スペイン映画の巨匠ビクトル・エリセ監督の長編第1作「ミツバチのささやき」(1973年)は、多くの人がそう思っている作品の一つではないだろうか。映画監督の岩井俊二は、この作品を見て「こんな映画を撮りたいと思った」と言葉を寄せている。「子供時代という迷宮。子供にしかない見えざる時計と地図。そんな世界が見事に描かれていました。」

©2005 Video Mercury Films S.A.

 日本公開は1985年春。その年の秋に続いて公開された長編第2作「エル・スール」(1983年)とともに、詩情豊かな映像美の断片と不思議な余韻が、私の記憶にも刻まれている。

© 2005 Video Mercury Films S.A.

 この2作品の監督自身が監修したデジタルリマスター版が、「the アートシアター」と銘打つシリーズの第1弾と第2弾として、7月15日(土)から、大阪のミニシアター、シネ・ヌーヴォ(地下鉄・阪神「九条」)で公開される。

 

 「the アートシアター」シリーズは、全国65のミニシアターなどの団体で構成される一般社団法人コミュニティシネマセンターが企画。「映画館は新作を上映するだけの場所ではない。優れた旧作を丁寧に上映していくことも大切なのではないか」という問題意識から選んだ作品を、東京、大阪はじめ全国のミニシアターに展開していく予定という。

 

 シネ・ヌーヴォの山崎紀子支配人は「この2作品は、子どもたちにも見てほしい作品です。夏休みに入るので、ぜひお越しください」と話す。珠玉の名画と呼ばれる作品のみずみずしい感動を、初めて出会う若い世代にも、ぜひ味わってほしい。(季)

【上映スケジュール】

 7月15日(土)~21日(金)18:45「ミツバチのささやき」

             20:45「エル・スール」

 7月22日(土)~28日(金)14:35「ミツバチのささやき」

             16:35「エル・スール」             

【当日料金】一般1,700円、学生1,400円、シニア1,100円、高校生以下・会員1,000円 ※連続でご鑑賞の方は200円引き

 

 

 

シネ・ヌーヴォのホームページはコチラ http://www.cinenouveau.com/index.html




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事