25周年を迎える怪談イベント
稲川淳二が全国公演を展開中

  今年もあいつがやって来る――。「MYSTERY NIGHT TOUR 2017 稲川淳二の怪談ナイト」が全国で開催されている。

6月28日に行われた記者会見で怪談ナイトをPRする稲川

 稲川の“怪談家人生”は、1993年の神奈川県川崎市の怪談イベントから始まった。以降、今年まで25年連続で公演を展開しており、通算で688公演、観客動員数は約51万人を数える(2017年夏ツアーを含む)。舞台の構成は、怪談約90分、心霊写真の解説約30分。ファンからのリクエストに応え、今年は怪談に過去の名作を組み込む。年齢を重ねるごとに磨かれた話術は、聞く人の脳裏に映像を浮かび上がらせる。

 怪談の探求に全力を注ぐため、55歳の時にレギュラー番組とドラマ出演を降板した。「ここまで怪談を続けられたのは、大阪のファンのおかげ。大阪は公演直前もにぎやかで、本番前にうれしくて泣きそうになる。特に思い入れがある」と話す。「怪談はふるさとのようなもの。怖いけど、懐かしく、温かい」。古希を迎え、改めて怪談への愛情を見せる。

恐怖の表情を浮かべる稲川

 関西での公演は、8月25日(金)~27日(日)に森ノ宮ピロティホール(大阪)、9月30日(土)にロームシアター京都サウスホール(京都)、10月1日(日)に新歌舞伎座(大阪)で開催。全席指定で前売りは5,500円、当日は6,000円(税込み)。公演の問い合わせは、新歌舞伎座以外はキョードーインフォメーション℡0570・200・888、新歌舞伎座は06・7730・2121。

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース タグ:

あなたにおすすめの記事