歌川広重の風景版画展  10月7日(土)から芦屋市立美術博物館

保永堂版東海道五拾三次之内    日本橋 朝之景

 東海道五拾三次でおなじみ、歌川広重の風景版画作品約150点を集めた「生誕220年 広重展―雨、雪、夜 風景版画の魅力をひもとくー」が10月7日(土)~11月26日(日)、芦屋市立美術博物館で開かれる。
 雨や雪、夜などのサブテーマ、さらには後ろ姿や笠で顔を隠した人物描写など、広重の風景画に見られるさまざまな仕掛けに注目し、魅力に迫る。

 講演会やワークショップなども予定されている。詳しくホームページで。http://ashiya-museum.jp
 一般1000円、大高生700円、中学生以下無料。11月18日(土)・19日(日)は関西文化の日のため観覧無料。月曜休館(ただし10月9日〈月・祝〉は開館、10日〈火〉は閉館)。電話0797・38・5432。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事