今年から10月の大阪は文化で盛り上がる~「大阪文化芸術フェス2017」スタート~

 「文化」を核に、大阪発展のムーブメントをつくり出そうと、大阪府・大阪市をはじめ7団体で構成する大阪文化フェスティバル実行委員会()は、今年度から、10月の1カ月間を大阪文化芸術フェス月間と位置づけて「大阪文化芸術フェス2017」を開催する。

大阪文化フェスティバル実行委員会の構成団体=大阪府、大阪市、関西経済連合会、大阪商工会議所、関西経済同友会、大阪観光局、関西・大阪21世紀協会

 期間中は、万博記念公園をはじめとする、府内各会場で、上方伝統芸能、上方演芸、音楽コンサート、アートなどの様々な魅力あふれるプログラムを展開。多くの府民や観光客に、文化・芸術に親しみ、体験する機会を提供するとともに、大阪の文化魅力を国内外に広く発信する。

 最新情報は大阪文化芸術フェス2017のホームページで。http://ocaf.jp

 

■キックオフ公演

 10月2日(月)18時30分からNHK大阪ホールで行われるキックオフ公演は、3部構成。

 第1部「関西から世界へ羽ばたく」では、と、大阪音楽大学准教授でもあるソプラノ歌手・石橋栄実さんが演奏する。

北村 陽
石橋 栄実

 

 

第2部「熱々!大阪アピール~連携と協奏のメッセージ~」では、今回のフェスに参加する団体からイベント紹介とキックオフ宣言を行う。

ギオルギ・バブアゼ
関西フィルハーモニー管弦楽団 ©s.yamamoto
山本 章弘
昨年の「水都を寿ぐ 交響楽 能」のフィナーレの様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第3部「水都を寿(ことほ)ぐ 交響楽 能 East meets West」は、能とオーケストラが、「水」をテーマにコラボレーションする演目だ。ギオルギ・バブアゼ率いる関西フィルハーモニー管弦楽団と、山本能楽堂の山本章弘、コンテンポラリーダンサー村上麻理絵、女優・声優・ナレーターの山口由里子ほかが出演。フィナーレには海外からの出演者も登場して、広く世界にアピールする。

【料金】チケットはA席(1階席)3,000円、B席(2階席)2,000円、学生は当日、受付窓口で学生証などを提示すればB席が無料になる。

【キックオフ公演の問い合わせ】関西・大阪21世紀協会、TEL06・7507・2006

【チケットの購入】ぴあ(pコード636-944)、ローソンチケット(Lコード55245)、e+(イープラス)

 

 

 このほかの注目プログラムは、

■劇団そとばこまち 大阪文化芸術フェス2017版「のぶなが」(全4公演)

【日時】10月7日(土)14時/18時開演、8日(日)13時/17時開演

【会場】ABCホール

【料金】前売り券は一般3,500円、学生3,000円、当日券4,000円

■大阪文化芸術フェス2017 劇団アニメ座~逆襲のアニメ座~

【日時】10月26日(木)19時開演

【会場】よしもと西梅田劇場(旧大阪中央郵便局の跡地に9月25日オープン)

【料金】前売り3,000円、当日3,300円

【上記2公演の問い合わせ】チケットよしもと 0570・550・100

================================

■大阪文化芸術フェス2017 歌舞伎特別公演(全3公演)

 中村鴈治郎、中村壱太郎、中村種之助、片岡愛之助の出演で、「操り三番叟(あやつりさんばそう)」「舞妓(しらびょうし)の花宴(はなのえん)」「釣女(つりおんな)」を上演する。

【日時】10月27日(金)13時/17時開演、28日(土)11時開演

【会場】松下IMPホール

【料金】全席指定11,000円(税込み)

■大阪文化芸術フェス2017 英語寄席「KOTENGLISH(コテングリッシュ)!」

 英語落語の第一人者・桂かい枝による上方落語と、英語で世界に浪曲を広めようと努める春野恵子らが出演する、古典と英語(English)を融合させた舞台。

【日時】10月28日(土)15時開演

【会場】大槻能楽堂

【料金】全席指定2,500円

【上記2公演の問い合わせ】チケットぴあインフォメーション 0570・02・9111(10~18時)




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース タグ: ,

あなたにおすすめの記事