3月の「伊丹作家バースデー月間」 毎日曜にイベント
伊丹市立図書館 ことば蔵

伊丹市立図書館 ことば蔵

   「公園のような図書館に」が合言葉の「伊丹市立図書館 ことば蔵」が、3月を「伊丹作家バースデー月間」と銘打ち、毎週日曜にイベントを開催する。伊丹市在住の2人の芥川賞作家、田辺聖子さんと宮本輝さんがともに3月生まれであることにちなみ、今年初めて開く。開催イベントは次の通り。
 ■5日14時~、田辺聖子文学館講演「田辺文学への誘い」:大阪樟蔭女子大学田辺聖子文学館・学芸員が紹介。
 ■5日15時半~宮本輝ミュージアム講演「宮本文学の世界」:追手門学院大・図書館職員が紹介。
 ■5日16時半~、ことば蔵ランナーズクラブ「『青い屋根』コース」:宮本輝ファンが集う喫茶店「青い屋根」を目指して約1時間、ゆっくり走る。雨天中止。コーヒー代300円が必要。対象は20歳以上の健康な人。
 ■12日14時~、知的書評合戦ビブリオバトル「田辺聖子と宮本輝」:どちらかの著書を持ち寄り、1人5分で紹介し、観覧者の投票で「チャンプ本」を決定する(バトラー希望者のみ要申し込み)。
 ■19日14時~、おすすめ本の交換会 カエボン部「伊丹ゆかりの作家」:伊丹作家をテーマにお薦め本を持ち寄り、本紹介、交流の後、自作の推薦帯を巻いて「カエボン棚」へ並べる。
 ■26日14時~、コトバーシティ英語読解講座 田辺聖子著「千すじの黒髪」を英語で味読快読」
 ビブリオバトルのバトラー希望者を除き、いずれも申し込み不要。当日直接、会場へ。

田辺聖子さんの作品
宮本輝さんの作品

 また、2階ギャラリーでは田辺文学・宮本文学全作を展示しており、人気ランキングの投票も受け付けている。両作家の著書名と選んだ理由を明記し、直接持参するか、郵送、FAX、HPで投票する。3月31日(金)必着。
 ビブリオバトル・バトラーの申し込み、イベントの問い合わせは℡072・784・8170、伊丹市立図書館ことば蔵へ。
http://www.city.itami.lg.jp/SOSIKI/EDSHOGAI/EDLIB/index.html




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 地域 タグ: ,

関連記事