いながわ☆スターフードプロジェクト 3年目の春メニュー始まってます!

 大阪市内から約1時間の近さにある猪名川町の美しい星空、豊かな自然の中で育つ旬の野菜を味わいに、町へ来てもらおうと始まった「いながわ☆スターフードプロジェクト」の春メニューが出そろった。

ちらしを手に参加を呼びかける実行委員長の辰巳和彦さん

 「スターフード」とは、①星をイメージした見た目とメニュー名②町内産の旬の野菜を一つ以上使う③町を輝かせる強い思いを持って作られたもの――の三条件を満たしたスイーツ、パン、麺、洋食など。町観光協会と商工会のメンバーで作る「猪名川町で100万人に食べてもらおうプロジェクト委員会」が、阪神北夢づくり応援事業の助成を受けて1年半前にスタートした。「たくさんの人に、自慢の農作物を使った料理を食べてほしい、と始めました」と委員長の辰巳和彦さん。

 メニューを年4回認定し、今春は、町産そば粉で作った「星のガレット」(道の駅いながわ そばの館)、「コンネのいちばん星 オマールソースのグラタンパン」(ベーカリーカフェ コンネ)、「星くずあんかけのスターライス」(ふぁみぐりあ)など、工夫を凝らしたメニューが14店で提供されている。

 詳細はホームページhttp://100star.jimdo.com/に掲載。問い合わせは℡072・766・3012、委員会へ。

辰巳さんの和菓子店「照月堂」の参加メニュー「レグルス」は、ヨモギの雪平にイチゴと金箔をあしらっている



※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 地域

関連記事