西宮生まれの新感覚サイダー「さくら咲いたー」いかが? 西宮・芦屋のコミュニティー放送「さくらFM」が開発

 西宮・芦屋のコミュニティー放送「さくらFM(78.7MHz)」がこの春、オリジナルの新感覚サイダー「さくら咲いたー」を開発し、同社のネットショップなどで販売を始めた。

 共同開発のパートナーは、清涼飲料水などを製造販売する市内の布引礦泉所。サクラの香りが楽しめ、ほんのり甘いサイダーは、4月2日の西宮「さくら祭り」会場の夙川河川敷公園にほど近い阪急苦楽園口駅前の福井商店前で販売したところ、「おいしい」と好評だったという。

「さくら咲いたー」をえびす顔でアピールする北村英夫社長。「季節商品ではありません。縁起のいい名前ですから、めでたい席でたくさん飲んでほしい」

 「何故、さくらFMがサイダーを作ったの?」と、会う人ごとに聞かれると笑う北村英夫代表取締役社長は、大きな夢を語る。

 「さくらFMは西宮で生まれて19年。昨年4月からは芦屋市域も放送エリアに入り、知名度もアップして熱心なリスナーも多くいらっしゃいますが、もっと多くの皆さんに聴いていただいて、いずれは日本一のコミュニティー放送になりたいんですわ」

 そのために、日常生活で使ってもらえる商品をネットショップなどで販売して、新しいリスナーの獲得と経営基盤のさらなる強化を目指したという。

 

 

 

 

西宮を代表する夙川沿いの桜並木

 1本330㍉リットルの瓶入りで税込み価格は270円=写真。一人で飲み切るには少々量が多いが、「来客時に分けて飲んだり、好みのお酒や牛乳、ジュースで割って、カクテルとして飲んでいただける味にしてあるんですよ。僕は毎日、晩酌でビールや焼酎をこれで割って飲んでます」と北村社長。

 

 

 

 

 

 さくらFMのホームページから専用ボタンで入るネットショップでは、6本セット1,620円、24本入り6,480円で販売(送料別)。

 「試しに1本味わってみたい」という人は、「白鹿クラシックス」「大関関寿庵」「白鷹禄水苑」「日本盛酒蔵通り煉瓦館」の各ショップなどで販売している。

 

 さくらFMのホームページはコチラ http://sakura-fm.co.jp/

 ※ホームページからインターネットで放送が聴けます

今年4月から番組表を冊子スタイルにリニューアル。保存しやすく、読み応えもあると好評だ

 

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 地域

関連記事