女子高生がマグロを豪快解体! 松坂屋高槻店「愛媛フェア」に「フィッシュガール」来店

 JR高槻駅前の松坂屋高槻店地階で5月7日(日)まで開催中の「愛媛フェア」に合わせ、愛媛県立宇和島水産高校の女子生徒でつくる「フィッシュガール」が4日(木・祝)午後に来店し、豪快な「だてまぐろ」の解体を実演する。

宇和島水産高校の「フィッシュガール」

 来店するのは水産食品科で学ぶ2年女子生徒2人と教員1名。同校では2年、3年でマグロの解体実習を取り入れており、15時から約45分かけて華麗な包丁さばきを披露し、大消費地である関西で地元特産のマグロのPRに一役買う。

 宇和海で養殖した「だてまぐろ」は、多種類の生餌をバランス良く与え、ストレスが少なく、泳ぎ回って運動量を高めることで、きめ細かい脂の乗りと本マグロ特有の芳醇な香り、ねっとりととろけるような食感が楽しめるという。

 「愛媛フェア」ではこのほか、ミカンの果皮やオイルを配合した餌を与えて育った「みかん愛たい」の刺し身や寿司、「カラマンダリン」、「紅ほっぺ」、「じゃこ天」など愛媛の旬の農産物や特産品が販売されている。また、3日(水・祝)・4日の11時と14時には、愛媛県イメージアップキャラクター「みきゃん」と、「みきゃん」の足を引っ張ることが生きがいの敵役「ダークみきゃん」も来場する。

 「フィッシュガール」は5月5日(金・祝)11時30分から、近鉄百貨店奈良店(近鉄大和西大寺)でも「だてまぐろ」の解体ショーに出演する。また、同店では5月17日(水)から1週間、「初夏の愛媛フェア」が開かれる。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 地域 タグ: ,

あなたにおすすめの記事