今年初開催!「いしばし禁煙デー」
5月27日(土)は阪急石橋駅周辺の飲食店で何かが起こる?

 世界保健機関(WHO)が1988年に制定した5月31日の「世界禁煙デー」。喫煙と健康問題を考える日として、厚生労働省はさまざまな啓発活動を実施しているが、禁煙キャラクターの考案やイベントの開催など取り組む自治体も増えてきた。

今年初開催のイベント「いしばし禁煙デー」のチラシ

 池田市健康増進課や、池田市の歯科医師会、薬剤師会、医師会などでつくる池田市禁煙推進ネットワークは、5月27日(土)18~21時、「いしばし禁煙デー」を開催する。世界禁煙デーの取り組みの一環。阪急石橋駅周辺の飲食店35店舗で、開催時間中は店内を全面禁煙にする。家族で煙を気にせず外食を楽しんでもらうことや、世界禁煙デーの周知が狙いだ。

 開催は今年初めて。今回は参加店舗も全面禁煙の時間帯も限られるが、来年度以降は内容を充実させていく方針という。同課は、「同僚や家族で、きれいな空気の中で食事を楽しんでもらいたい。これを機に禁煙のお店が増えるのではと期待している。世界禁煙デーについてみんなが考えてくれるきっかけになれば」と話している。

 日本たばこ産業株式会社(JT)が実施した2016年の「全国たばこ喫煙者率調査」によると、喫煙者率は男性が29.7%(前年比1.3%減)、女性が9.7%(同0.1%増)、男女計19.3%(同0.6%減)。ここ数年、喫煙者率は緩やかな減少傾向が続いている。

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 地域 タグ:

あなたにおすすめの記事