カリスマコンサルタント迎えて「飲食業経営セミナー in 西宮」6月26日に商工会議所で

 「いつか、おいしいものを出すお店をやってみたい」。そんな漠然とした夢を持っている人がいたら、夢に近づく第一歩として、行動を起こしてみませんか。

  フードビジネス界のカリスマコンサルタントによる講演と、先輩経営者とのトークなどが聞ける「飲食業経営セミナー in 西宮」が、6月26日(月)14時~17時、西宮商工会議所別館2階大会議室で開かれる。参加無料。定員80人(先着順・専用の申込用紙で要申し込み)。主催は、日本政策金融公庫神戸東支店、西宮商工会議所、西宮ビジネスイノベーションサポーターズネット(N-Bis)。

宇井義行氏

 講師は日本フードアドバイザー協会(2011年設立)の創始者で、30年以上コンサルタント業務に携わり、指導実績多数のフードビジネスコンサルタントの宇井義行氏。第1部で「繁盛・繁盛継続の知恵 売上・利益UPの手法」をテーマに講演する。第2部は、西宮の高台にある「THE TERRACE(ザ・テラス)」オーナーの北村武資氏と宇井氏のトークセッション。昨年20周年を迎えた「THE TERRACE」は、テラス席からの眺望とローストビーフが人気の一軒家レストランだ。第3部では、日本政策金融公庫(略称・日本公庫)の担当者が、融資制度などについて説明する。

 「実際に飲食業を営んでいる人、開業準備中の人だけでなく、いずれ飲食業を始めてみたいという人も、ぜひ聞きに来てください。西宮市外の方でもOKですよ」と、日本公庫神戸東支店の市橋駿介さん。

  日本公庫は、国民生活金融公庫・農林漁業金融公庫・中小企業金融公庫を統合して2008年10月に設立された、政府100%出資の政策金融機関。「日本公庫は、政策に沿って雇用創出の一環で、創業支援の融資を手掛けており、小口融資の約8割は無担保で融資しています。昨年度の創業前及び創業後1年以内の企業に対する融資実績は、28,392企業。うち女性、30歳未満の若者、55歳以上シニアの経営者への融資は10,945企業で、38.5%を占めています」と市橋さん。

 日本公庫総合研究所「2016年度新規開業実態調査」によると、創業時の平均従業員数は3.4人。昨年度の創業支援によって約9万6千人の雇用創出効果があった計算になるという。

 

 【申込用紙の請求・問い合わせ】TEL:078・854・2900 FAX:078・854・4330日本政策金融公庫神戸東支店(担当:岩倉さん、増井さん)




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 地域

あなたにおすすめの記事