色鮮やかな「花飾り」でダリアの魅力アピール! 宝塚ダリア園では約300種が見ごろ 21日(土)・22日(日)「ダリア花まつり」も

「ダリア花飾り」で展示された「ダリアの2段シャンデリア」は直径約1㍍。約700ものダリアが使われている=山本新池公園

 全国有数のダリア球根の生産地である宝塚市北部の上佐曽利地区。市の農政課では、宝塚が誇るダリアの花についてもっと広く知ってもらおうと様々な活動を展開しており、10月の3連休には山本新池公園(あいあいパーク)で開催された宝塚植木まつりに合わせて園内3カ所で「ダリア花飾り」を展示した。

 会場のエントランスを飾ったのは彩り鮮やかな「ダリアの2段シャンデリア」。直径約1㍍の大きさのシャンデリアには、約700ものダリアの花が使われている。そのほか、遊歩道にはダリアの花束と宝塚市の鳥セキレイのモビールをあしらった「ダリアと鳥のアーチ」、芝生エリアには、花の妖精の家をイメージしダリアをふんだんに使った華やかな写真スポットを用意。会期中は家族連れや夫婦など、多くの来場者でにぎわった。

 

 ダリアの花の見ごろは夏と秋の2回。赤やピンク、オレンジ、黄色、白、紫など色も様々だ。上佐曽利にある宝塚ダリア園では、現在秋の開花の真っただ中。11月5日(日)まで、のどかな田園風景の中、約300種2万本のダリアの花を鑑賞することができる。

 10月21日(土)、22日(日)の2日間は「ダリア花まつり」が行われ、地元の西谷産野菜などの販売のほか、園内では新品種の花の名称募集やミニフラワーアレンジメント体験(1回500円)も開催する。1本50円から花つみも楽しめるので、家族みんなで出かけてみてはいかが。

 

開花状況はHPをチェック→http://dahlia-takarazuka.jp/

 

宝塚ダリア園(宝塚市上佐曽利)※11月5日(日)まで

入園料大人200円、子ども100円。ダリア花つみは1本50円から。

開園時間9~16時(入園は15時30分まで)、休園日なし。

問い合わせ℡0797・91・0003(9:00~16:30 木曜定休日)

アクセス:JR宝塚線「武田尾」駅下車→阪急田園バス(上佐曽利行き)にて約25分→上佐曽利バス停(終点)下車すぐ。

 

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 地域

あなたにおすすめの記事