ヨドバシカメラ梅田の上に1030室を備える新ホテル「ホテル阪急レスパイア大阪」開業

扇形のシンボルマークはゲストの幅広いニーズに柔軟性をもって対応することをイメージ

 阪急阪神ホテルズは新ブランドホテル「ホテル阪急レスパイア大阪」を11月に開業した。同月に新しくオープンしたヨドバシ梅田タワーの商業施設「リンクス梅田」9階~35階にあり、「リンクス梅田」の8階とはエスカレーターで接続している。

 JR大阪駅に直結しているほか、阪急・阪神電車、大阪メトロにもアクセス便利で、1階には高速バスターミナルもあるなど抜群の立地。

 ホテル名の「レスパイア」には、心身を癒やす「レスト(rest)」と、感性を刺激し活力をもたらす「インスパイア(inspire)」の意味が込められており、「呼吸する」という意味も。宿泊客がほっと一息つける癒やしの場であること、そして大きく息を吸い込むように明日へと旅立つ活力が得られる場であること。この2つの価値を備えたホテルを目指し、外国人観光客をメインターゲットとしている。

 フロア構成は9階にフロント・ロビー、レストラン、バンケット、日本庭園などが配置され、12階~35階にある客室は全1030室。

四季折々の雰囲気が味わえる日本庭園
レストラン「グリリアート クオッカ」

 

 

 

 

 

 

 

 9階ロビーに設置されているジオラマARガイド「MUSUBI」では、タブレットとARを使って、阪急・阪神沿線の観光スポットや飲食店などを調べることが可能。観光情報は、自分のスマートフォンにダウンロードできる機能もあるので、土地勘がなくても快適に旅行を楽しむことができる。

ジオラマARガイド「MUSUBI」
大阪のほか奈良や京都、兵庫の情報も

 

 

 

 

 

 

 

 客室内のデザインテーマは「OSAKA Japanese Style」。3つのカラースキーム「梅」「田園」「大阪城」で日本的な質感や大阪らしい空気感を表現している。

全室に子ども用のアメニティーも完備
梅カラーの客室

 

 

 

 

 

 

 

 そのほか、生後5か月未満の赤ちゃんを対象にしたベビー用マットレスの貸し出しや、子ども用食器の用意、全室に子どものためのアメニティーを配置するなど、子ども連れのファミリーにも優しいホテルとなっている。

https://www.hankyu-hotel.com/hotel/respire/osaka/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: キキミミ!気になるNewな店

あなたにおすすめの記事