宮藤 官九郎“がまんできない”現代に挑む
5月、サンケイホールブリーゼで最新舞台

宮藤官九郎
「新鮮なことをやり続けたい」と話す宮藤官九郎

 宮藤官九郎が作・演出を手掛ける舞台「ウーマンリブシリーズ」の最新作「もうがまんできない」が5月9日(土)~21日(木)、サンケイホールブリーゼ(西梅田)で上演される。
 宮藤が何物にもとらわれず、今やりたいことを自由にストレートに表現する「大人計画」(松尾スズキ主宰)の劇団公演。ストレスを抱えて生きる現代人の群像を2時間ノンストップで描く。大人計画の看板俳優・阿部サダヲのほか、柄本佑、要潤、宮崎吐夢、荒川良々ら個性豊かなキャスト陣がそろう。
 宮藤は「スマホの電源が切れるとイライラするように現代は便利な半面、ストレスが増えている。生の舞台でありったけの力で勝負したい」と話す。

全席指定7500円ほか。TEL:0570・200・888、キョードーインフォメーション。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: エンタメ

あなたにおすすめの記事