フィレンツェと京都 力を合わせてコロナ禍乗り越えよう
イタリア代表歌手が無料ビデオコンサート  姉妹都市55周年

イタリア文化会館-大阪は、京都市とイタリア・フィレンツェ市が姉妹都市提携して9月で55周年を迎えたのを記念し、フィレンツェ出身で、イタリアを代表する歌手イレーネ・グランディさんらのビデオコンサートが楽しめる特設サイトを12月31日(木)まで無料公開している。

京都とフィレンツェはともに両国の顔とも言える一大観光都市。今年に入ってからのコロナ禍では双方の主要産業である観光業が大きな打撃を受ける中、相互の友情を再確認し、ともに困難を乗り越え、さらに文化交流を通して友好協力関係を深めたいとの願いを込めて企画された。

イタリアを代表する歌手のイレーネ・グランディさん

グランディさんはフィレンツェで生まれ育ち、1995年に発表したアルバムが大ヒットして国民的な人気を獲得。ジョバノッティ、ヴァスコ・ロッシら国際的なアーティストとも多数共演し、ラップ、ポップス、ソウル、ブルース、ジャズなど幅広いジャンルの曲を、イタリアらしいメロディーに乗せて見事に歌い上げ、高い評価を受けている。アルバムの販売総数は約500万枚。イタリアではチャート1位や各賞にも多数輝き、名実ともに同国の音楽界を代表する歌姫だ。

スタジオでライブ動画を収録するイレーネ・グランディさん

公開中のビデオコンサートは約40分で、フィレンツェのスタジオで新規収録。今回の企画を持ちかけたところ、ぜひ音楽で両都市の架け橋になりたいと出演を自ら進んで引き受けたという。感情豊かなグランディさんの張りのある歌声が、背後のギター、ドラム、エレキベースの力強いサウンド、そしてコーラスとともに、見る人の心にずしりと迫る。冒頭では「フィレンツェと京都、この豊かな文化と歴史を持つ2つの町の55周年を、音楽を通して祝います」と語りかける。

また、グランディさんの映像の前後には、両市市長のメッセージも収録。フィレンチェのダリオ・ナルデッラ市長は「私たちの町は伝統の象徴になっています。全世界を襲ったパンデミックによる困難の後に、私たちの町を復活させるために、粘り強く献身的な協力を続けましょう」とコメントを寄せ、京都市の門川大作市長は「二つの美しい町が大切に友情を育んできたことを誇りに思います。ともに力を合わせて危機を乗り越えていきましょう」と応じている。

イタリア中部の都市フィレンツェは世界遺産の宝庫

イタリア文化会館-大阪は、イタリア外務・国際協力省の海外出先機関として、日伊の友好交流促進を目的に活動。コロナ禍により、イタリア人アーティストの来日が困難になる中、今年5月には「文化は歩みを止めない」をスローガンにサイトを特設し、同館がこれまでにイタリアから招聘したり、今後の招聘を検討している音楽、映画、美術などの関係者のインタビューや演奏の動画を随時掲出してきた。グランディさんの他に、これまで28組の動画を見ることができる。

特設サイトはこちら https://eventionline.net/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: エンタメ タグ:

あなたにおすすめの記事