新大学入試まるわかり特別講演会【高1・中学生編】

2020年度から大学入試はどう変わる?※応募受付終了

 難易度アップへ 親子で今から情報収集&対策を

 いまの高1生が受験する2020年度の大学入試から制度が大幅に変わります。新しい入試はどんな形になり、保護者と子どもは今からどんな準備をしておけば良いのでしょうか。予備校大手の河合塾大阪校の曽原美智子さんに、特に変化が大きい英語を中心に、現行制度との違いや同校の取り組みなどについて聞きました。高1生と中学生と保護者に向けた特別講演会の情報も合わせてお届けします。

大学入学共通テストとは「思考力・判断力・表現力」を重視

 大学入試制度改革は、グローバル化が進む中、日本のこれまでの教育や学力評価のあり方を見直し、急速に変化する社会の中でも活躍できる人材を育てる狙いがあります。ある大学教授の調査では、人工知能(AⅠ)の開発が進み、今後20年以内に多くの仕事が自動化され、いまある職業の半数近くがなくなり、子どもの65%はまったく新しい職業に従事する可能性が高いとのデータもあります。
 こうした急激な変化に自ら対応する力を育み、これから必要となる学力を問うのが、2020年度(21年1月)から大学入試センター試験に替わってスタートする大学入学共通テストです。従来重きを置いてきた「知識・技能」だけでなく、「思考力・判断力・表現力」や「主体性・多様性・協働性」を見るために、マークシート形式の問題以外に、記述式が一部に加わるのも大きな特徴。国語では100字前後で記述する問題を含め3問、数学でも過程や計算式などを書く3問が問題の中に登場する見通しです。新たな能力が問われる時代を迎え、保護者も大学受験に対する従来の認識を変え、正しい最新の知識で子どもと向き合っていく必要があります。

マークシート形式も変更高まる不安に対応

 では、どんな問題が出題されるのでしょうか。昨年10月に実施された試行調査(プレテスト)では、マークシート形式の問題についても形式が見直され、正しいものを「一つ」ではなく「すべて」選ぶ、または正しい解答がない選択肢の問題も見られました。
従来のセンター試験と比べると設問数が減った半面、1問あたりの文章量が増加。国語は100分、数学は70分に試験時間が延長されましたが、時間が足りないと感じた生徒も多く、全体の正答率は6割以下の問題が非常に多く、難度が上がっています。河合塾が行ったアンケートでも、7割以上の親子が新入試に「不安」を感じていることがわかっています。

これからの大学入試に対する河合塾の取り組み

 新入試で、特に大きく変化するのが英語です。従来の「読む・ 聞く」に「話す・書く」が加わり、4技能評価になります。また、TOEICRなど民間の資格・検定試験が評価基準に採用。23年度までは、大学の指定に応じて従来の共通テストか民間の資格・検定試験のいずれか、または両方を受験可能ですが、24年度以降は民間試験に一本化される予定です。
これらの変化を受けて、河合塾でも講師たちと議論をしながらカリキュラムを大幅に変えました。なかでもスピーキングを含む英語4技能に完全対応した「英語講座」。講師が生徒に「教える」従来型の授業スタイルだけでなく、講師と生徒、あるいは生徒同士が「コミュニケーション」する機会を増やす「学びを深める仕掛け」や 「オプショナル講座」を導入し、通常講座と組み合わせて受講することで、一人ひとりの苦手分野の克服や学力養成を手助けします。また、徹底的に新入試の分析や予測を重ね、オリジナルテキストを作成。試行調査では、テキストと類似した問題が出題され、冊子の完成度の高さが証明されました。
 また、英語で採用される民間試験の一つに認定されたケンブリッジ英語検定の無料受験(塾生のみ)をいち早く始めました。高1の早い段階から試験を受けることで、実力を測る以外に、予行練習にもなります。特に変化が大きい英語は、まだ流動的な要素も多く、早めの情報収集がカギ。保護者のみなさん! 受験で親ができることは情報収集です。ぜひ、講演会にお越しください。

 

【参加無料】新大学入試まるわかり特別講演会(高1・中学生編)※応募受付は終了いたしました。

開催日時:
2018年11月11日(日)

15:00~16:30(開場14:30
会場:河合塾大阪校(阪急梅田駅 徒歩6分)
主催:学校法人河合塾
企画協力:アサヒ・ファミリー・ニュース社

変わる大学入試を完全分析!
清水雅子 講師講演会で変わる大学入試をわかりやすく解説するとともに、河合塾講師が英語4技能時代における英語力の鍛え方を教えます。
※本講演会は主に高校1年生・中学生の子を持つ保護者の方を対象にしています。
※保護者の方同士でのご来場、親子でのご来場共に可能です。
※お子様の氏名・学校名・学年につきましては、講演内容の参考にいたします。
※定員80名。応募多数の場合は抽選。参加証の発送をもって発表にかえさせていただきます。

【講演内容】
Part1. 新大学入試の基礎知識
Part2. 新入試を勝ち抜くために今やっておきたいこと
Part3. 講師特別ガイダンス「英語4技能を身につけるために」

 

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。

あなたにおすすめの記事