大阪の夜をホタル観賞とディナービュッフェで満喫
開業60周年の太閤園 恒例イベントがスタート

 大阪市都島区の太閤園で恒例の「ホタル物語~The Feeling of Nostalgia~」が5月17日から始まった。大阪都心でホタル観賞が楽しめる人気イベントで、6月23日(日)までの期間中、ディナービュッフェをはじめ、各レストラン店舗で限定メニューを用意するほか、コンサートなど多彩な催しを企画している。

ホタル観賞イメージ

 今年開業60周年を迎えた太閤園が開業当初から続けているイベント。水質管理のためろ過装置を設けるなど環境改善を重ねるとともに、ホタルの幼虫が上陸してから平均気温の累積が500℃に達すると飛翔し始めるという「500℃説」を検証するなどして、ホタルが生息しやすい環境の改善と維持に取り組んできた。

 ホタルは日没後、20時を過ぎる頃から庭園を流れる小川周辺で飛び始め、川べりや草むらの中にほのかな光を見ることができるという。海外からの旅行者増加を受け、ホームページでの説明や看板を多言語表記にした。庭園入場には太閤園利用者が会計時にもらえる庭園入場券が必要。庭園入場券のみ購入の場合は1人500円。

ディナービュッフェイメージ

 「ホタル物語ディナーブッフェ」は期間中、18時30分(受付18時)から20時30分に開催。和牛もも肉のローストカーヴィングや揚げたての天ぷらなど、シェフが目の前で仕上げる料理を多数用意するほか、今年の「ホタル物語」のテーマに合わせ、小海老とマカロニのクリームベシャメルソースグラタンやクリームソーダなど、ノスタルジーを感じるメニューも登場している。料金は金土日が大人1万円、小学生2,500円、乳児(3歳~)500円、月~木が大人8,000円、小学生2,500円、乳児(3歳~)500円。各税サ、フリードリンク込み。このほか、料亭淀川邸、鉄板焼あみじま、レストランリュクセレの各店でも旬の食材を生かした限定メニューがお目見えしている。

 開業60周年を記念して、タイトルにちなみ、名前に「ほたる」が含まれる人を無料でディナーブッフェに招待する特別企画も。6月3日(月)~6日(木)には、各日1組限定で、チャペルを貸し切っての「ホタルと一緒にプロポーズ」も予定している。参加・応募条件などはホームページ、または電話で確認を。

 問い合わせは太閤園予約係、電話06・6356・1110(9~19時)へ。

 https://www.taiko-en.com/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: グルメ

あなたにおすすめの記事