旬の食材を使った簡単料理レシピ
「薬味たっぷりおろしめし」

旬を食べる体を作る

旬の食材:ダイコン 酵素が消化吸収を助ける

 ダイコンは90%以上が水分のため、気温が零度を下回ると、凍ってしまわないように糖度を上げます。旬に甘くておいしくなるのはこういうわけです。
 栄養豊富とはいえませんが、たんぱく質や脂質、糖質を分解する酵素を多く含み、一緒に食べる食材の消化吸収を助けてくれます。熱に弱いため、火を通すと効果がなくなるので注意しましょう。ピリッとした辛みは組織を破壊すると生成されるイソチオシアネートの一種。揮発性があるので、切ったりすりおろしたりしてから時間をおくと減少します。抗菌作用があり、刺し身のつまやおろし汁を使ううがいは先人の知恵。葉は栄養豊富ですが、ダイコンの水分や養分を吸い上げてしまうので、葉付きを買ったらすぐに切り落として、葉とダイコンは別々に保存しましょう。

 

 

レシピ
~薬味たっぷりおろしめし~

薬味たっぷりおろしめし

 

【材料】2人分
白飯 360g
ダイコン(上の部分) 120g
しらす 10g
大葉 2枚
青ネギ 1/6本
炒りゴマ(白) 小さじ1
うずら卵 2個
【調味液】
米酢 大さじ2
みりん 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
  • 【作り方】
  • ①小鍋に調味液の材料を入れて混ぜ、一度沸かしてから冷ましておく。
  • ②大葉は千切りにする。
  • ③青ネギは小口切りにして水にさらし、水気を切る。
  • ④ダイコンは食べる直前におろす。
  • ⑤青ネギ、ダイコンおろし、しらす、炒りゴマを混ぜる。
  • ⑥お茶碗に白飯を盛り、⑤をのせ、調味液を好みの量かける。
  • ⑦割ったうずら卵をのせ、大葉をかける。

 

監修 田中 琢磨 兵庫栄養調理製菓専門学校 栄養士科 講師

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 旬を食べる体を作る タグ:

あなたにおすすめの記事