ナイトタイムをエンジョイ! 泉佐野で物販&映像体験イベント
2月9日(土)10日(日) 観光消費拡大へ講演会も 

 訪日外国人観光客が増加する中、夜のレジャーやショッピングをもっと楽しんでもらおうと、関西空港の対岸にある泉佐野市が「ナイトタイム エンジョイ泉佐野!」を、2月9日(土)・10日(日)16~22時、JR・南海りんくうタウン駅にある「りんくうパピリオ」で開く。ご当地グルメやグッズの販売、夜の経済活動「ナイトタイムエコノミー」に関する講演会などが予定されている。

 日本では観光客が増え、にぎわいを増す街がある一方で、東京、大阪など大都市圏以外では街歩きや飲食・飲酒などで“夜遊び”する場所が少ないため、夜の観光資源と受け入れ環境の整備が、消費拡大や地域活性化を図っていく上で課題となってきた。

360° 3DVRシアター「4D王」

 そんな「ナイトタイムエコノミー」の魅力を広く発信しようと今回のイベントを企画したのは、関空を活用した国際都市をめざす泉佐野市。駅改札を出てすぐにある「りんくうパピリオ」の通路に、地元特産品やおでん、たこ焼き、和菓子などの屋台がずらりと並ぶ。注目は泉佐野市のご当地グルメ。泉州特産の水なすの古漬けと海老じゃこを使った郷土料理が新しい形で味わえる「蔵だしジュレじゃこごうこ」(マコト商店)、和泉山脈と大阪湾に挟まれた豊かな土地で大正時代から醸造を続ける「北庄司酒造」の日本酒、泉州産のお米と海苔と塩で犬鳴ポークなど地元の食材を包んだ「泉州おむすび オトメゴコロ」など、ぜひ食べてみたい逸品がそろう。

 また、VR(仮想現実)を使った次世代コンテンツ「4D王」が楽しめるブースも登場。360度継ぎ目のない自然な立体映像と音響と、コンテンツと連動した振動が臨場感いっぱいにシアター形式で楽しめる。

 イベントはキャッシュレス実証実験を兼ねており、会場では泉佐野市の地域ポイント「さのぽ」カードを使って支払いする。会場で同カードに1,000円以上チャージすると、通常の1,000ポイントに加え、200ポイントが付与される。1ポイント1円で使える。

木曽崇さん

 9日(土)15~17時には、ナイトタイムエコノミーに関する講演会がコワーキングスペースで開かれる。泉佐野市から千代松大耕市長、大阪観光局から牧田拡樹マーケティング室長が参加し、地域のインバウンドの現状や課題などについて話すほか、国際カジノ研究所所長の木曽崇氏が「泉佐野市でのナイトタイムエコノミーの可能性と問題点」をテーマに基調講演する。講演後、イベント見学と交流会がある。

 基調講演(先着100人)と交流会(先着30人)は参加無料だが、事前申し込みが必要。申込みは名前、住所(市町村名のみで可)、日中連絡がつく電話・FAX番号、メールアドレスを書いて、メール night@nextone-jp.com   またはFAX 06-6532-6556へ。

 イベントの問い合わせは℡072-469-3131、泉佐野市まちの活性課へ。
 http://www.city.izumisano.lg.jp/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: レジャー

あなたにおすすめの記事