せとうち観光に新たな魅力  高速クルーザー2020年夏就航へ
JR西日本・瀬戸内海汽船・中国運輸局が連携協定

 JR西日本、瀬戸内海汽船、国土交通省中国運輸局は、瀬戸内海と周辺エリアへの観光客の増加をめざす「せとうちエリアの海事観光の振興に向けた連携協定」を5月8日に締結した。地域に関わりが深い3者が手を結び、魅力的な観光コンテンツの開発や、受け入れ環境の整備、情報発信などに取り組む。海の観光をテーマにした官民の協定締結は国内で初めて。観光型高速クルーザーの導入も計画されている。

 JR西日本と瀬戸内海汽船は2018年から、古い港町の風情が残る大崎下島・御手洗(みたらい)、ウサギの島として知られる大久野島をはじめ、「とびしま海道」エリアの人気の島々を瀬戸内海汽船の高速船で巡る「せとうち島たびクルーズ」を共同で企画。四国ともつながる「しまなみ海道」エリアの拠点となる山陽本線・尾道駅には新駅舎も整備し、鉄道と船舶を組み合わせた新たな観光周遊ルートの構築に挑んできた。今回の協定には、海と船への親しみを広げる「C to Sea プロジェクト」を進める中國運輸局も参加。周遊ルートの構築や新規航路開発、コンテンツ整備と外国人観光客を含めた受け入れ環境の拡充などをさらに進め、地域の活性化を図っていく。

「観光型高速クルーズ船」のイメージパース

 協定締結に合わせ、JR西日本と瀬戸内海汽船は観光型高速クルーザーの新造に着手し、2020年夏をめどに就航させることも発表した。両社のグループ会社が共同出資して船舶保有会社を新たに設立。鉄道・運輸機構が昨年創設した国内クルーズ船の共有建造制度を初めて活用し、新造船舶は長時間の乗船に適し、島々を効率よく周遊できる高速船とする方向だ。デッキから瀬戸内の多島美をぜいたくに楽しめるスーパーヨット型で、外国人観光客向けの案内設備も充実させる。定員は90人を想定。瀬戸内海汽船のグループ会社が船舶を借り受けて運航する。ルートは従来の「せとうち島たびグルーズ」の立ち寄り港を基本とし、旅行会社によるチャーターにも対応していく。

 JR西日本では、瀬戸内海が一大周遊エリアになることを目的に「せとうちパレットプロジェクト」を展開中。2020年秋には大型観光キャンペーン「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」が開かれる。

潮待ちの港の風情が残る大崎下島・御手洗
多島美が楽しめる「とびしま海道」エリア。写真は安芸灘大橋




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: レジャー

あなたにおすすめの記事