まちが「幸せ色」に染まる 第36回ふくい桜まつり 4月11日(日)まで

日本さくら名所100選に選出されている「足羽川桜並木・足羽山」を中心に展開する「第36回ふくい桜まつり」が、3月27日(土)から4月11日(日)の期間に開催される。

足羽川桜並木のライトアップ

至るところに桜スポットが点在する福井市内。戦災・震災からの復興の願いが込められた約2.2㌔の桜の木が並ぶ足羽川は、福井の代表的な花見スポットで、約1.5㌔にわたりライトアップされる。開花に合わせて屋台も多く並び、桜のトンネルをくぐっているかのような華やかな体験ができる。

 

福井城址

福井城址の、鏡のような内堀の水面に映る桜の姿や、水面を覆い尽くすほどの花びらが織りなす花筏(はないかだ)は風情たっぷり。夜のライトアップは荘厳な空間を演出する。

3月27日の開幕日には、福井駅西口のにぎわい交流施設「ハピテラス」で常設実施する「デジタルアート」がお披露目される。デジタルアートでは【ふくいの桜】をモチーフにした幻想的な世界観を表現。投影面積は縦14㍍×横32㍍と、県庁所在地の中心市街地に常設されたものとしては国内最大級の床面デジタルアートが誕生する。

壮大なデジタルアートは一見の価値あり(イメージ)

また期間中は、現在フジテレビ系列で放送中の、福井が舞台のアニメ「2.43 清陰高校男子バレー部」(https://243anime.com/)と、ふくい桜まつりのコラボレーションが実現。期間中はコラボビジュアルの制作・展示やクイズラリーなど、関連イベントが開催される。

©壁井ユカコ/集英社・アニメ「2.43」製作委員会

詳細はホームページhttps://www.fukuicity-navi.com/sakura/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: レジャー

あなたにおすすめの記事