新鮮な視点にハッとする! 東洋陶磁美術館「オブジェクト・ポートレイト Object Portraits by Eric Zetterquist」開催中【ペア3組に招待券プレゼント】

 大阪・中之島の大阪市立東洋陶磁美術館で開催中の企画展「オブジェクト・ポートレイト Object Portraits by Eric Zetterquist」は、ニューヨークを拠点とするアーティスト、エリック・ゼッタクイストが美術館の所蔵品を撮影した34点の写真作品とともに、被写体となった陶磁器作品を鑑賞するユニークな展覧会だ。

青磁陰刻 花文 唾壺(高麗時代・12世紀)とその作品にインスパイアされたエリック・ゼッタクイストの写真作品
織部 切落四方手鉢(桃山時代・17世紀初 美濃窯<織部>)。拡大された持ち手の細部の思わぬ力強さに息をのむ

 1962年アメリカで生まれたゼッタクイストは、92年までの10年間、日本を代表する現代美術家・杉本博司のもとで働きながら現代的な写真表現と東洋の古美術を学んだ。彼はこれまでに「オブジェクト・ポートレイト」シリーズを、フィラデルフィア美術館(2014年)やタイ・バンコクの東南アジア陶磁美術館(2016年)で発表してきたが、日本での発表は今回が初めてとなる。

 

 

 ゼッタクイストは自らの写真作品を「尽くすアート」と位置付け、その意図を次のように述べている。「私のアートは、他の芸術に仕え、鑑賞者に教え伝え、彼らが相互に作用し、かつ体験を共有できる場を実現させようとするものである。」

 

 

青磁劃花 草花文 多嘴壺(北宋時代・11世紀 龍泉窯)。ゼッタクイストは斜め上から俯瞰した平面を切り取った

 白と黒のモノトーンで切り取られ、拡大された被写体の細部の美、浮かび上がる優美な曲線や規則的な配列、光の陰影、光点の軌跡……。被写体となった陶磁器を、ゼッタクイストの視線に導かれて見つめ直す時、鑑賞者にはハッとする気づきがもたらされる。そして、彼とその被写体の元々の制作者、そして今これらの作品を見る鑑賞者という3者が時空を超えて交感し合う、不思議な“場”が出現する。

 過去に何度か東洋陶磁美術館へ足を運んだことがある人でも、その所蔵品を新たなまなざしで鑑賞する静かな時間は、新年にふさわしい体験といえるだろう。

【開催概要】

会期:2019年2月11日(月・祝)まで

開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)

休館日:月曜休館(1/14と2/11は開館、1/15(火)休館)
※年末年始は12月28日(木)~1月4日(金)休館

観覧料※:一般600円、高校生・大学生360円、中学生以下・障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1人を含む)・大阪市内在住の65歳以上の人は無料 ※同時開催の展示を含む

同時開催:[特集展]高田コレクション・尾形コレクション ペルシアの陶器-色と文様

     [平常展]安宅コレクション中国陶磁・韓国陶磁など

問い合わせ:大阪市立東洋陶磁美術館 TEL.06・6223・0055  FAX.06・6223・0057

 

大阪市立東洋陶磁美術館の公式ホームページはコチラ http://www.moco.or.jp




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ライフ&アート

あなたにおすすめの記事