2019 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 9月23日(月・祝)まで西宮市大谷記念美術館

ちとせちとせ(日本)「ごちそう」

 イタリア北部の都市ボローニャで毎年開かれている世界的な絵本原画コンクールの入選作を集めた「2019 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」が、9月23日(月・祝)まで西宮市大谷記念美術館(阪神香櫨園)で開かれている。
 このコンクールは毎年春に開催される世界で唯一の子どものための本の見本市「ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェア」で行われており、5点1組のイラストを用意すれば誰でも応募でき、編集者やイラストレーター、出版関係者、教育者らが審査する。展示するのは、62カ国2901作品の応募作のなかから選ばれた、日本人10人を含む27カ国76作家全ての入選作。また、特別展示では、昨年第9回ボローニャSM出版賞を受賞したクロアチアのヴェンディ・ヴェルニッチの受賞記念絵本「動物園」の原画約20点と、今年のブックフェア会場のパネルやリーフレットのデザインに採用された、ロシアのマーシャ・チトワ(2018年入選者)の原画8点を紹介する。
 関連イベント
 ●たかいよしかずサイン会
 9月8日(日)14:00~。当日、同館ミュージアムショップで絵本を買った人先着70人(整理券配布)。*入館料が必要

 一般800円、高大生600円、小中生400円。午前10時~午後5時(入館は午後4時半まで)、毎週金曜は午後7時まで  開館(入館は午後6時半まで)、水曜休館。
http://otanimuseum.jp/index.html

ガイア・ステッラ(イタリア) 「すばらしいオーケストラ」
チェン・ヨンカイ(台湾)「木」




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ライフ&アート

あなたにおすすめの記事