人を驚かす新たな芸術の創造を
第49回 現代芸術国際AU展 6/15(火)から兵庫県立美術館

現代美術のアーティスト団体「Art Unidentified(AU)」が「第49回 現代芸術国際AU展」を6月15日(火)~20日(日)、神戸市中央区の兵庫県立美術館ギャラリー棟3階(阪神岩屋、JR灘)で開く。

同団体は1960年代に活躍した現代美術家が集まって1975年に結成。現代日本の前衛美術グループ「具体」をリードした嶋本昭三氏の主宰のもと、「誰もやってない事をやる」精神に則って、世界各国で展覧会やパフォーマンスを続けた。アート表現による自由や、無限の可能性を追求する同団体の活動は、米国・ロサンゼルス現代美術館がポロック、ジョン・ケージ、フォンタナとともに戦後の4大アーティストの一人に嶋本を選ぶなど、国際的に高い評価と注目を集めてきた。

西宮・甲子園口に長年暮らした嶋本は2013年に他界。「芸術とは人を驚かすことである」との遺志を受け継いだ若いアーティストたちが、今も権威にこだわらない新しい創造を続けている。今展はそんな意欲に満ちたアーティストや作品との出会いの場が期待される。

入場無料。10~18時(最終日は15時30分まで)。

https://www.artunidentified.com/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ライフ&アート

あなたにおすすめの記事