【輝く大人の女性たちへ】
自然の恵み「ハーブ」で冬も元気に!

 いよいよ寒さが厳しくなってきました。健やかな毎日に、ハーブの力を借りてみませんか。毎日の暮らしに手軽な方法をハーブコーディネーターの内藤一美さん(西宮市)に聞きました。

 

1日3杯を目安に
常備茶として取り入れて

内藤 一美 さん
ハーブコーディネーター
内藤 一美 さん

 古くから西洋では、厄よけや薬用など“家庭の救急箱”として活用されてきたハーブ。アロマや入浴、料理など様々な活用術がありますが手軽な方法としてはハーブティーがおすすめです。インフルエンザや風邪の季節には健康維持で親しまれてきた「ティーツリー」や「エキナセア」、体を温める作用のある「ショウガ」「ルイボス」などが良いでしょう。ハーブが苦手な人は飲みやすく万能な「カモミール」を。胃痛や不眠、目の疲れなどを和らげるとされ、ミルクティーにしてもおいしく飲めます。
 ハーブは専門店で購入するのが安心。飲む際には、大さじ1杯を約100度の熱いお湯100㏄で3~5分蒸らすとしっかり成分が抽出されます。カップから立ち上る湯気や香りも味わいながら、舌で転がすように飲みましょう。ハーブティーならではの色鮮やかさを楽しめる透明のティーカップも人気です。常備茶として1日3杯程度飲むのをおすすめします。
 自然の恵みハーブを生活に取り入れて、心も体も元気に冬を乗り切りましょう!

※妊娠中、授乳中、アレルギーや持病のある人は事前に医師に相談して下さい。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 輝く大人の女性たちへ

あなたにおすすめの記事