都心のバラ園 見ごろ迎える
大阪・靭公園 170品種3400株

 大阪市西区の靭公園にあるバラ園が見頃を迎え、近隣住民や周囲のオフィスで働く人たちの目を楽しませている。

 大阪都心に位置し、東西約800メートル、南北約150メートルの細長い形をした靭公園。中央を縦断するなにわ筋を挟んで、公園は東と西に分かれており、バラ園は東側に位置している。野生種のほか、近現代になって改良されたモダンローズなど、約170品種、約3400株が植えられ、花の色も大きさもさまざまなバラたちが咲き競っている。2006年の世界バラ会議大阪大会では優秀庭園賞を受賞した。

 一部に見頃を過ぎたものや風雨にさらされて花が落ちたものも目立つが、5月いっぱいは楽しめるという。

初夏の雨上がり。広がった青空のもと、多くの人がバラを花を楽しんでいた=5月21日撮影

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事