のせでんアートライン2019 テーマ”避難訓練” プレイベント「備えあれば憂いなしPARK」10月25日(金)まで

 「のせでんアートライン」のプレイベントとして、アートプロデューサーの前田文化が、「備えあれば憂いなしPARK」a.k.a.避難ムーブ・ファイターを10月25日(金)まで開かれ、避難ムーブ体験者を募集している。
 「のせでんアートライン」は10月26日(土)~11月24日(日)、能勢電鉄川西能勢口駅から能勢妙見山へ至るまでのルートと裾野の集落をメイン会場に開催され、国内外の8組のアーティストが「避難訓練」をテーマに作品展示やパフォーマンスを展開する(主催:のせでんアートライン妙見の森実行委員会)。地域とアーティストが一体となってつくる2年に1度の芸術祭で、今年で4回目。
 組織やグループで人と人の板挟みになったり、仕事やノルマのプレッシャーに押しつぶされそうになったり、皆が出来ている事がうまくできなくて劣等感にさいなまれたり。日常のあらゆるところに潜む〝危機〟。前田文化は、これらから逃げる訓練として「備えあれば憂いなしPARK」a.k.a.避難ムーブ・ファイターを制作。その土地に生きる人の〝備え〟や〝憂い〟を収集し、あらゆる角度からやってくる危機を全力で回避する様子(避難ムーブ)を記録して、みんなで危機を共有し、「のせでんアートライン2019」の本会期に備えるという。
 これからの開催日程は次の通り。
 ●9/28(土)11:00~、道の駅 能勢「くりの郷」
 ●10/12(土)10:00~・10/13(日)10:00~、キセラ川西市「せせらぎ公園」※ロハスパーク川西内
 ●10/19(土)10:00~、末広中央公園 ※宝塚音楽回廊2019~PEACE&ACOUSTIC~内で開催
 いずれも参加費は無料(一部有料)。参加自由だが、一部年齢制限あり。問い合わせはinfo@maedabunka.comへ。
プレイベント実施協力:株式会社阪急オアシス/(有)能勢物産センター/ロハスパーク川西実行委員会

プレイベント「備えあれば憂いない」パークの建物(完成途中)



※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事