秋の里山 サイクリングで満喫 ひょうご北摂でスタンプラリー 11月まで

 秋空のもと、田園や色づく北摂の里山を自転車で巡り満喫する「北摂里山サイクルスタンプラリー」を、兵庫県阪神北県民局が11月30日(土)まで開催している。

スマートフォンに「いまどこ+」アプリをダウンロードすることで参加できる。チェックポイントは、伊丹スカイパーク、能勢妙見山、道の駅いながわ、千丈寺湖、宝塚北SAなど、伊丹市、川西市、猪名川町、三田市、宝塚市の4市1町に計10カ所設けられている。チェックポイントのスタンプをすべて取得し応募すると、温泉ホテル宿泊券、ホテル食事券、各市町の特産品などが抽選でもらえる。

 北摂里山サイクルスタンプラリーのホームページhttps://web.pref.hyogo.lg.jp/hnk09/stanp01.htmlには、全チェックポイントを巡れる全長約170㌔のコースを公開。コースは、川西市を拠点に活動するサイクルロードレースチーム「コラッジョ川西」が監修した。平らな田園地域と高低差のある峠など、サイクリングのおもしろさが感じられるコースとなっている。チェックポイントは1日で全てを巡る必要はなく、期間中であれば継続してスタンプを集められる。

問い合わせは℡0797・83・3198、兵庫県阪神北県民局 宝塚土木事務所(土日祝休み)。

コースを監修したコラッジョ川西代表の栂尾大知さん(右)。「変化に富んだコースを楽しめる北摂里山はサイクリストにとって魅力」



※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事