沿線の町々を舞台にアートやイベント のせでんアートライン2019避難訓練 11月24日(日)まで

 駅や妙見山山上にアートが出現! 地域とアーティストが⼀体となってつくる2 年に1 度の芸術祭「のせでんアートライン2019避難訓練」が26日に開幕、11月24日(日)まで能勢電鉄(通称:のせでん)沿線の町々(川西市、猪名川町、豊能町、能勢町)を舞台にさまざまなアートやイベント、パフォーマンスを繰り広げる。
 26日のオープニングセレモニーでは、参加アーティストの一人、岡啓輔さんが手練りで作った縦横21×21㎝、長さ約20 m、重さ約2.2 tのコンクリート柱を100人余りの人たちで担ぎ上げ、豊能町立ふれあい広場から、里山に接する約600m先の東ときわ台5丁目1号公園へと運ぶ「逆オンバシラ祭」を実施。木を山から切り下してくる長野県の諏訪の名物祭「オンバシラ祭」の逆で、木に見立てたコンクリート柱を山に奉納することから命名された。

オープニングセレモニーに参加した関係者の皆さん

 「のせでんアートライン」は2013年に能勢電鉄開業100周年記念事業として初めて開かれ、その後、能勢電鉄や沿線市町などが実行委員会を結成して2年に一度開催、今年で4回目になる。今年のテーマは「避難訓練」。国内外から8組のアーティストが地域の良さを掘り起こすようなインスタレーションなどの作品展示やアートプロジェクト、パフォーマンスを展開する。「8組のアーティストは、のせでん沿線地域を歩き、さまざまな場所を訪れ、人のみならず動植物の声に耳を傾けてきました。この地域を構成する街や自然、コミュニティーを新たな視点でつなぎ合わせ、生み出された8通りの“避難訓練”。作品が問いかける危機は何なのか、何に備えているのか、ぜひこの土地を歩きながら考えてみてください。駅を降りて街を歩き、作品に接することがそのまま避難訓練になります」とアートプロデューサー の前田文化さん。

約100人の担ぎ手が何度も練習を繰り返した後、「わっしょい」の掛け声をあげながら柱を担いだ

   アートイベントの一つ、渡部 睦子「星見るひとたちと出会う旅」特別鑑賞プログラム(11月2日〜3日、有料)は、真如寺で滝行を行い、能勢妙見山へ登山。北極星信仰で知られるこの地域を歩きながら、星を道しるべにして陸や海を歩いていた人々へ想いをはせる。星が見える夕刻には、インスタレーション空間でパフォーマンスも行う。井上 亜美「ミツバチの見た夢」作品鑑賞&里山体験ツアー(11月17日、有料)は、妙見山の里山を歩きながら2会場の作品を鑑賞し、井上さんが観察した自然を追体験する。

 

台湾からの招聘アーティスト、拉黒子・達立夫(ラヘズ・タリフ)さんの作品「面向北方的方向,是回家的地方(北方へ向かえば、そこは私の帰る場所)」。能勢妙見山 山上公園に設置。妙見山に生えていて台風などの影響で倒れたブナやスギを使って作られている

 また期間中、「地域プロジェクト」には12の地域団体が参加して、のせでん沿線地域の新たな魅力を発信する。

【地域プロジェクト】
●野間の紅葉名所を〈五感〉で 味わう小旅行 ~大ケヤキ・大イチョウ・ 野間の森 MIGIWA」を、あるく・みる・きく・しる~
●能勢妙見山芸能上達プロジェクト
●地方創生2.0会議 ~地方に面白い人が集まり、新たな可能性を生む~
●森の芸術祭
●能勢かほる―のせマルシェ
●能勢かほる―キッズ ワーク in 里山で お仕事、手作り、腹いっぱい~ 
●能勢かほる―蜜蝋を使った 商品づくりワークショップ
●野間の大ケヤキと星空を楽しむ、 ホット麦茶とお茶漬けの会
●tocotocoマルシェ
●自分らしさ度チェック

 期間中の11月24日(日)まで、電動自転車によるシェアサイクルサービスも実施される。
シェアサイクルサービス「HELLO CYCLING」
 メインエリア4カ所にサイクルポートを設置。地域住民もご利用できる。
 サイクルポート:妙見口駅前駐輪場、けやき資料館(大阪府2カ所)
 妙見の森ケーブル黒川駅、知明湖キャンプ場(兵庫県内2カ所)
 ■利用料金:10月31日(木)まで60円/15分(最大1,000円/24時間)
       11月1日(金)~24日(日) 70円/15分(最大1,000円/12時間)
 ■シェアサイクルの問い合わせ:HELLO CYCLINGお客様サポートセンター
               044-385-9048(24時間対応)

 アートやイベント、地域プロジェクトなどの詳細はHPで。
http://noseden-artline.com/2019/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース, ライフ&アート, 地域

あなたにおすすめの記事