2023年春開業の「うめきた新駅」 名前は「大阪駅」
JR西日本 関空へアクセス改善 乗り換え便利に

 JR西日本は大阪駅北側の旧貨物駅跡地「うめきた」地区に2023年春開業する新駅の名前を「大阪駅」とし、既存の大阪駅と一体の駅にする3月25日に発表した。

新「大阪駅」のパース図。図の中央左下に新駅が描かれている

 新駅はJR東海道支線(1・7㌔)の地下化と合わせて工事が進められ、これまで「北梅田駅」や「うめきた新駅」などと仮に呼ばれてきた。JR西では、既存の大阪駅の西端部に改札口を新設するとともに、この新改札口と新駅の間を改札を出ずに乗り換えできる約70㍍の地下連絡通路を整備することで、一体の駅として運用する方針。通路にはエレベーターやエスカレーターを備え、利便性を確保する。

 新駅には現在は大阪駅を通らない関西空港・和歌山方面への特急列車などが発着し、梅田エリアから関空へアクセスしやすくなる。また、2031年春に開業を見込む「なにわ筋線」ともつながり、南海電車の乗り入れも計画されている。

 JR西では日本郵便とも連携し、旧大阪中央郵便局舎の跡地を含めた大阪駅西側エリアで2024年3月の竣工をめざし、新たな大型複合ビルを開発中。新改札口周辺には商業施設やバスターミナルも造る計画で、大阪駅を西日本の広域ネットワーク拠点として機能をさらに高める。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事