アメニティ2000協会が2019年上期セミナー「足跡を探訪するⅣ」参加者募集 ヴォーリズ六甲山荘一般公開も

 ナショナル・トラスト運動の普及活動に取り組むアメニティ2000協会が、2019年上期セミナー「足跡を探訪するⅣ」の参加者を募集している。
 ■4月20日(土)魅力発見!京都の文化財住宅建築
 講師は京都産業大学日本文化研究所・上席特別客員研究員の二村盛寧さん。京都を中心に活躍した建築家、藤井厚二と本野精吾について話す。
 ■5月25日(土)NPOが社会を変える
 講師は関西学院大学客員講師で経営学博士の島田恒さん。NPOの存在意義、活動の展開について語る。
 ■6月8日(土)京都における文化財の保存と職人技術の現状
 講師は京都府教育委員会文化財保護課建造物担当の菅澤茂さん。本願寺大師堂・阿弥陀堂、知恩院三門・経蔵をはじめとする国宝・重文、鶴丸城御楼門、世界遺産ウガンダ共和国カスビ王墓など、多くの貴重な文化財の保存修復再建に関わった経験に基づいて話す。
 ■7月14日(日)東京 ナショナル・トラスト
 講師は千葉大学准教授の頴原澄子さん、帝京大学講師の澤田悠紀さん、東京工業大学大学院研究生の山本真紗子さん。ナショナル・トラスト研究会の研究者3人が日ごろの研究成果を発表する。
 ■9月14日(土)ヴォーリズさんの設計室Ⅲ
 講師は一粒社ヴォーリズ建築事務所元所長で同協会理事の石田忠範さん。建築家のプロとアマの判別の意味を考える。
 *関西(4月、5月、6月、9月)は全講座受講(4回分)6,000円、1回受講は2,000円。
 会場:草志舎(阪急西宮北口駅から徒歩3分)
 定員:20名(定員に達し次第締め切り)
 *東京(7月)
 会場:自由学園明日館(重要文化財・豊島区西池袋2-31-3) 定員:25名 受講料:2,000円

 申し込み・問い合わせは、アメニティ2000協会 Tel&Fax 0798・65・4303
http://amenity2000.la.coocan.jp/

 

ヴォーリズ六甲山荘 一般公開も始まる

 アメニティ2000協会がナショナル・トラスト方式で購入した「ヴォーリズ六甲山荘」の一般公開が4月6日(土)に始まる。期間は4月6日(土)~11月17日(日)の土・日・祝日(ただし、5月18日〈土〉と11月3日〈日・祝〉は休館)、午前11時~午後4時(入場は3時半まで)。入館料500円。詳しくはHPで。問い合わせは同協会へ。

アメニティ2000協会が保存・公開活動を続けるヴォーリズ六甲山荘(神戸市)

 

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 地域

あなたにおすすめの記事